クリニックチェーンマネジメント事業や健康経営支援事業などを通じて、幸せの総量の最大化を目指す――そんな経営理念を掲げるCAPS。医療機関(医療法人社団ナイズ)をグループとして一体運営しながら、医療現場に積極的にITを取り入れることを標榜する同社が見据える未来とは…。同社を訪問し、代表取締役の鶴谷武親氏と医療法人社団ナイズ 本部長の金谷義久氏に話を聞いた。

今回訪問したのは、東京・六本木にあるオフィス(写真:川島 彩水、以下同)
今回訪問したのは、東京・六本木にあるオフィス(写真:川島 彩水、以下同)
[画像のクリックで別ページへ]

起業のきっかけ

夜間は救急外来を頼るしかない構図が見えた

鶴谷 我々は医療機関の中では珍しい存在で、株式会社(CAPS株式会社)と医療機関(医療法人社団ナイズ)をCAPSグループとして一体運営しながら、医療現場に積極的にITを取り入れることを特徴としている。ナイズでは「キャップスクリニック」を自社運営しており、現在、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県の首都圏に9拠点を構え、7月と8月にも各1拠点がオープン予定だ。

 キャップスクリニックは、標準的な治療を365日受けられる拠点を普及・維持することがビジョンの1つ。これは、ナイズ理事長でキャップスクリニック総院長の白岡亮平氏が開業前に、比較的大きな病院で勤務医をしていたときの経験に端を発したものだ。彼は小児科医なのだが、例えば夜勤ではさほど緊急を要する状態でなくとも親が心配して子どもを病院に連れてくることが多かったという。

代表取締役の鶴谷武親氏
代表取締役の鶴谷武親氏
[画像のクリックで別ページへ]

 そうした状況に接するうちに、地域の二次医療、三次医療を担う病院に直接来ることが果たして正しいのかと考えた。もう少し地域の医療機関と役割分担をして、効率的に切り分けができるのではないかと。ところが地元のクリニックを見渡すと、平日の夕方以降は閉まっているし、土曜日も午後はやっていないところがほとんど。必然的に夜間は、病院の救急外来を頼るしかなくなるという構図が見えてきた。

 そこで365日、土日祝日も含めて治療を行なうクリニックを開院した。それが2012年4月、今から9年前のこと。子どもを持つ親御さんにとって、信頼できる医療が365日受けられる社会になれば、子育てが楽になり、生活に安心感をもたらす。最初は東京の西葛西にオープンしたが、見事にほとんどのターゲットが診察券を作ってくれた。

CAPSの概要(表:同社への聞き取りを基にBeyond Healthが作成)
CAPSの概要(表:同社への聞き取りを基にBeyond Healthが作成)
[画像のクリックで別ページへ]

 理由はシンプルで、地域のクリニックが開いていない時間帯をカバーしていたからだ。キャップスクリニックは遅い拠点だと21時まで開いているため、親が共働きだとしても保育園に迎えに行った帰りに立ち寄れる。つまり、ほかにかかりつけクリニックがあったとしても並行して我々の診察券を持つという、あまり競合しないビジネスモデルになる。多くの方々から「非常に助かる」との言葉を頂いているので、この方向性は間違っていなかったと実感している。