2020年1月に開催された「ジャパン・ヘルスケアビジネスコンテスト2020」(経済産業省が主催)でグランプリを獲得したConnected Industries(CI Inc.)。同年4月に、病児保育室をLINEアプリで簡単に予約できる病児保育支援システム「あずかるこちゃん」を開始した。産婦人科医である同社 CEOの園田正樹氏に話を聞いた(関連記事:[詳報]経産省ヘルスケアビジコン、5代目グランプリ決定)

今回訪問したのは東京・日本橋にあるシェアオフィス。同社ではコロナ禍以前から、リモートワーク前提の業務の進め方をしていたという(写真:川島 彩水、以下同)

起業のきっかけ

母親たちの困りごとのヒアリングで受けた衝撃

 子どもとお産が大好きで大学卒業後、産婦人科医に。天職と感じていたので臨床医を一生続けるつもりでいたが、当時の上司に「将来のプラスになるから大学院へ進んで研究をやりなさい」と説得され、悩んだ末に東京大学大学院に進学。人びとの健康に直結する公衆衛生を学んだ。

CEOの園田正樹氏

 研究でさまざまな人の事例を見ていく中で感じたのは、一人ひとりが抱えている問題は多種多様だということ。研究成果によって社会を良くするアプローチを考えたが、それではかなりの時間がかかってしまう。そのため、少しでも早く社会を変えられるような社会実装に惹かれるようになった。

 そこでまずは母親たちに困りごとのヒアリングを行った。その中で最も衝撃を受けたのが、子どもの急病が原因で出社できないことを理由に配置転換されたり、仕事を任されなくなったりという切実な問題だ。そんなことが起きていいのか、解決する仕組みはないのかと探して出会ったのが病児保育だった。

 病児保育は、急な病気で保育園に通えない子どもを一時的に預かってくれる保育制度で、自治体が運営してクリニックや保育機関と提携している。保育そのものは非常に充実しており、園児の体調が戻れば普通に遊ぶこともできる。

 都市部では利用率が高いが、ほとんど知られていないのがネック。なぜならとにかく利用するまでのハードルが高いからだ。自治体への事前登録が必要で、利用できる状況だとしても施設への予約電話が通じにくい。そもそも情報が整理されていないため、検索しても該当する自治体の行政ページが優先的に表示されてしまい、どんな内容かわかりにくいことも拍車をかける。母親たちは「どうせ使えないんでしょ」「病児保育ってベッドに寝かしつけておくような場所なのでは?」といったネガティブな反応が多い。弊社の全国調査によれば、病児保育を利用したことのある人は12%、制度の内容を知っている人は34%に過ぎない。これは大きな課題だと痛感させられた。

Connected Industriesの概要(表:同社への聞き取りを基にBeyond Healthが作成)

 これらをITを使って解決しようと考えた。私の医師としての知見を加味すれば、病児保育施設と保護者の医療的なずれが埋まるかもしれないと。それが我々のサービスの原点だ。