サッカー元日本代表の鈴木啓太氏が代表取締役を務めるAuB(オーブ)。2015年の設立以来、同社はアスリートの腸内環境研究をテーマに事業を進めてきた。今後は、これまでのアスリートの腸内研究から蓄積してきた知見を生かし、一般生活者のコンディショニング向上に役立つようなヘルスケアサービスの構想も描いている。同社を訪問し、鈴木氏に話を聞いた。

今回訪問したのは、東京・八重洲のコワーキングスペース(写真:川島 彩水、以下同)

起業のきっかけ

AuBとは、腸活とともに歩んだ自分の人生そのもの

 浦和レッドダイヤモンズ(レッズ)一筋で、2015年シーズンに引退するまでプロサッカー選手として16年間過ごした。一方でサッカーを始めた幼少の頃から、調理師の母親に「人間は腸が一番大事」と言われて育ってきた。そのため、選手時代は自分の便を見ることでコンディショニングを確認していた。それがAuBのルーツになっている。

代表取締役の鈴木啓太氏

 オリンピック日本代表や浦和レッズでキャプテンをしていたこともあり、なぜ指導者の道を選ばなかったのかとよく聞かれる。だが私は早い段階で違う道に進もうと決めていた。1つのきっかけになったのは、日本のサッカー界が意外に小さな世界だと実感したことだ。浦和レッズは2000年代の半ばに成長して、ACL(AFCチャンピオンズリーグ)で優勝した2007年には年間の営業収入が80億円弱に到達した。

 だが、私の当時の率直な感想は「80億円か…」というものだった。浦和レッズの知名度はかなり高い。もしかしたら、全国の4分の1ぐらいの人は耳にしたことがあるかもしれない。そう考えると驚くほど低い数字に思えた。もちろん、ほかのクラブに比べたら頭一つ抜けた収益なのだが、私の少し上の先輩で、ほとんど名前が知られていないのに同程度の売上規模の会社を経営している人がいる。ましてや一般社会では、大企業になれば何千億、何兆円という規模になる。

 そうした思いが契機となり、サッカー界の中で選手を育成して価値を高めることも1つの手段だが、より大きな視点でサッカー界、スポーツ界を取り巻く環境を変えたいと発想した。現役時代の半ばから広い世界で勝負したいとの意志を固めていた。

AuBの概要(表:同社への聞き取りを基にBeyond Healthが作成)

 AuBのアイデアは、引退の半年ほど前に知り合いのトレーナーから腸内細菌ビジネスを手がけている人物を紹介されたところから始まった。「特徴的な被験者の便で腸内を調べることが大きな発見につながる」との話を聞き、「私の周りには特徴的なアスリートの被験者が山ほどいる。これを検査したら面白いはずだ」とひらめいた。

 そのとき、自分の中で散らばっていたピースが結合して、アスリートと腸内細菌を掛け合わせられるのは自分しかいない、自分がやるしかないと思った。なぜなら、ずっと実践してきた腸活、そしてアスリートとしての経験を事業のベースにすることは、ある意味で自分の人生そのものだからだ。もちろん、ビジネスにチャレンジしたかった意味合いも大きい。そこで2015年10月に会社を設立した。