日々の診療で発生する大量のデータが各病院の病院情報システムに記録されている。それらのデータを二次利用可能な形で大規模に集積することにより、医療の実臨床を反映した、いわゆる“リアルワールドデータ”を構築できる。

 国際医療福祉大学 赤坂心理・医療福祉マネジメント学部 教授の石川ベンジャミン光一氏は、「ビッグデータは医療の何をどう変えるのか」と題したセッションに登壇。「DPCデータ」の活用が個々の病院の診療業務や経営分析、地域の医療提供体制の分析を可能にするなど、実世界での医療マネジメントに大きく貢献していることを説いた。

講演する石川氏(写真:森田 直希)

 DPCデータとは、入院・外来を通じた治療や検査などの診療行為の情報と、入院患者に関する臨床情報などが、全国統一形式で電子的に記録されているもの。本来は、DPC対象病院などから厚生労働省に提出されたデータを基に、急性期入院医療の包括評価制度における診断分類群の精緻化や診療報酬支払いの改定などに利用されている。こうした本来の活用以外に、石川氏は2つの観点からDPCデータが医療マネジメントに生かされていると語る。