病院マネジメントへの活用

 1つは、各病院が厚生労働省に提出したDPCデータのコピーを自院の医療マネジメントに活用する例である。現在では病院の診療業務や経営分析に活用する、あるいは複数の病院間でデータを収集してベンチマーキングに利用されている。

 例えば、それぞれの病院における診断群分類ごとの在院日数や、術前在院期間などにおける検査の内容などの比較である。ある傷病に対する自院の診療内容と他院の診療内容の相違を明らかにすることができ、医療の標準化の推進や医療の質改善に向けた取り組みが可能になると指摘。特にグループ病院や国立病院機構のなど病院団体ではグループ・団体全体として、より大規模な経営分析やベンチマーキングが可能だという。

 また、研究プロジェクトでは、各病院に保存されているDPCデータを同意の下に大規模に集積。標準化されたデータによる分析で「臨床あるいは社会学的な研究など、さまざまな研究が可能になる」(石川氏)とした。