カーボンニュートラルに向けた動きが世界中で活発になっています。日本では大型の太陽光発電所や風力発電所が続々と建設されて再生可能エネルギーが大量に導入され、今後は自動車の電動化などの脱炭素化が急速に進みそうです。鉄鋼や化学といった温室効果ガスを大量に排出する産業界も、製造方法の転換や技術革新によるカーボンニュートラルの実現に、経営の軸足を移しています。

 そうしたなか、日本での対策が遅れているのが家庭分野です。家電の省エネ化や照明のLED化、太陽光パネルの設置、EV(電気自動車)の導入といった取り組みは進んできましたが、戸建て住宅やマンションの断熱や窓ガラスの二重化による脱炭素化はまだまだ改良の余地があります。住居を断熱化すれば冷暖房によるエネルギー消費を大きく減らすことが可能です。

 それと同時に、住人のヒートショックによる不慮の事故を減らせます。ヒートショックは気温の変化によって血圧が上下し、心臓や血管の疾患が起こることで、脳内出血や大動脈解離、心筋梗塞、脳梗塞などの病気の原因になります。ヒートショックが起きやすいのは冬季の浴室です。暖かいや部屋から寒い脱衣場移動して衣服を脱ぎ、浴室へ入ると血圧は上昇します。そして、お湯を張った浴槽に入ると急速に身体が温まるため、血圧が下降してヒートショックに見舞われるケースが多いそうです。

 2018年の厚生労働省人口動態統計の死因別統計によると、「不慮の溺死及び溺水」による死亡者数は8021人で、そのうち、浴槽内や浴槽への転落によるものはその7割にあたる5958人でした。約3000人前後の交通事故死者数を上回っています。

 住居の断熱化は地球温暖化対策に貢献するばかりでなく、住人のQOL(生活の質)向上にもつながります。

(タイトル部のImage:arkgarden -stock.adobe.com)