学生の時に聞いた、3人兄弟の末っ子という友人の言葉が妙に印象に残っている。

 「私、虫歯が多くて…3人目になると、お母さんが飽きてくるんだよ」

 彼女は虫歯が多いことを気にしており、その原因は母親の歯磨きの教え方にあると考えていた。お兄さんやお姉さんの虫歯が多くないのは母親がちゃんと歯磨きのやり方を教えたから。一方、自分に虫歯が多いのは、歯磨きを教えることに飽きてしまった母親がちゃんと指導しなかった結果に違いないというわけだ。

 実は私の母の歯磨きの教え方も適当だった。母の歯磨きに対する意識が低く、自身が歯磨きせずに寝るのは当たり前、子供である私にも「食後に歯を磨け」などと言うこともなく、3〜4歳にもなれば仕上げ磨きをしてもらった記憶もない。

 幸いにも、私自身にはそれほど虫歯はなかった。いい加減な歯磨きのしっぺ返しを食らったのは、私の息子だった。息子が3〜4歳になると、親である私の方が歯磨きしてやるのが嫌になってしまったのだ。自分で磨かせようとしたが、息子の歯磨きはあまりにも適当すぎた。さすがに危機感を抱いて育児書などを参考にやり方を教えようとしても、本人のやる気はゼロ、ひたすら甘い歯磨き粉をなめては歯ブラシをガジガジと噛んですっかり“歯磨きした”気になっている。

 その結果、乳歯のうちから歯科検診に引っ掛かり、毎度虫歯にチェックがついてくる。「お母さんが仕上げ磨きしてあげてください!」と言われて渋々やれば、甘ったれの息子はすっかり仕上げ磨きをアテにして自分で磨こうともしない。もういいだろうと小学生になった時点で仕上げ磨きはやめたが、本人の磨き方は相変らずのまま。一緒に磨こうと誘っても知らん顔、数十秒で歯磨きを終えてしまう。歯は黄色く染まり、学校の検診にはもちろん引っかかり、転倒して口からの出血に慌てて口腔外科に飛び込むと「歯は折れていませんが虫歯があります」と言われる始末だ。

 もはや打つ手なし…というところで、口腔ケア用品などを扱うサンスターグループ オーラルケアカンパニー(以下サンスター)が2016年4月に発売した「G・U・M PLAY」を思い出した。歯ブラシの動きを認識するアタッチメントを製品として販売しており、スマートフォンの専用アプリと連動させて利用する。

歯ブラシの動きを認識するアタッチメントを装着し、スマートフォンと連動させて利用するデジタルデバイス「G・U・M PLAY」(出所:サンスターグループ プレスリリース)

 基本機能は、アタッチメントの加速度センサーが検出したデータから歯磨きの動きや時間などを記録し、歯全体を正しく磨けているか判定するといったものだが、特徴として「歯磨きを“やらなくちゃ”いけないものから“やりたい”ものへと変える」とのコンセプトの下、歯磨き時に本人が楽しむための連動アプリが用意されている。歯磨きの時間に合わせてニュースや天気などを読み上げてくれる便利アプリと、歯ブラシの動きに合わせてバーチャル楽器を演奏するアプリに加え、歯磨き知育アプリの3種類が公開されている。