「こんなにシミやシワがあったのか」──。WEB会議でモニターに映った自分の顔を見て、驚いた人も多いのではないだろうか。肌にシミや色ムラ、シワが目立つと、実際の年齢よりも老けた印象になるだけでなく、疲れていたり、覇気のない人といったイメージを仕事相手に与えてしまうこともある。コロナ禍でオンラインでのコミュニケーションが増え、リアルに人に会う機会が減った結果、逆に他人の目を強く意識するようになるという、ちょっと皮肉な現象だ。「肌をより健康に、若々しく見せたい」というニーズは、男性の間でも確実に高まっていると感じる。

Zoomなどのオンライン会議ツールでメンズコスメが試せるARフィルター(画像提供:資生堂)

 そんな中、資生堂のメンズコスメブランド「SHISEIDO MEN(シセイドウ メン)」では3月22日から、男性向けメイクをバーチャル体験しながらオンライン会議などに出られるARフィルター「TeleBeauty ARフィルター」の提供を開始した。すでに女性向けは、AR技術を使って肌や輪郭を認識して化粧品の色や質感を再現、素顔でもメイクをしているように見えるフィルターを昨年から複数展開。「オンライン会議のためだけにメイクをするのは面倒だからアプリで」「店頭に行かなくても新色が試せる」と人気を集めてきた。

 今回、登場した男性向けは、ひげの有無によって2パターンが用意されており、フィルターを使うと、SHISEIDO MEN初のメイクアイテムである新製品4種を使った顔が瞬時に体験できる。肌はBBクリームとコンシーラーで、シミや毛穴、クマ、赤み、ニキビ跡、色ムラ、青ひげなどを自然にカバーし、眉はアイブロウで整え、唇はほのかに色づくリップクリームで健康的な血色になる、というもの(上写真参照)。メイクといっても女性っぽくなるのではなく、清潔感がアップする仕上がりなので、メンズコスメを試したことがない人が、自分の顔でのイメージをつかむのに役立ちそうだ。スナップチャット社のカメラアプリ「Snap Camera(スナップカメラ)」内で提供されている(TeleBeauty 特設サイト