図●新型コロナウイルス感染症の年齢階級別陽性者数(出所:厚生労働省「新型コロナウイルス感染症の国内発生動向」 2020年4月15日18時時点)

 図は先週、厚生労働省が初めて公表した、国内における新型コロナウイルスの年代別の陽性者数である。中国や韓国など流行が拡大した国々のこれまでの疫学データから、感染者の大半が成人であり小児は少ないとされてきたが、日本でも同様の分布を示すことが明らかになった。

 この図を見ると、20代から50代にかけての陽性者数の多さとは対照的に、20歳未満の陽性者数の少なさがあらためて目を引く。2月24日に報告された、中国で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)と診断が確定した4万4672例の年齢分布においても、30〜79歳が87%、20〜29歳が8%であるに対し、10〜19歳が1%、9歳未満が1%と、20歳未満の患者が極めて少なかった1)

 子どもがCOVID-19にかかりにくい理由の1つとして、筆者は3月9日付のEditor's Noteで唾液量の差を挙げたが、成人になると唾液量が極端に減るとは考えにくく、これだけでは図に見られるような、20歳以上と20歳未満との感染者数の大きなギャップは到底説明できそうにない。もしその理由が明確になり、かつ介入可能なものであれば、20歳以上の感染者数を20歳未満並みに抑えることができるのではないか。

 スウェーデン・カロリンスカ大学病院の研究者が、子どもがCOVID-19にかかりにくく感染しても軽症で済む理由として医学誌「Acta Paediatrica」の論説で次の4つの仮説を提示している2)

(1)小児の新型コロナウイルスに対する免疫システムは成人と異なる

(2)小児では、通常の気道や肺の粘膜に存在する他のウイルスとの相互作用により新型コロナウイルスの増殖が抑制される

(3)小児では、新型コロナウイルスのヒト細胞への侵入経路(受容体)であるアンジオテンシン変換酵素2(ACE2)の発現が少ない

(4)小児では、新型コロナ肺炎の重症期の病態の1つである急性呼吸窮迫症候群(ARDS)に成人に比べてなりにくい

 それらに加えて、我が国では全国の小中学校、高校などの臨時休校も理由の1つとして挙げられるかもしれない。

 (1)(2)や臨時休校は、0〜9歳の小児ではその影響があるかもしれないが、10代後半では免疫応答システムや行動範囲は成人に近くなっていると考えられ、10代の感染者数が0〜9歳と同程度に少ない理由を説明できない。(4)は感染しても重症化しにくい理由だ。筆者は、未成年者が新型コロナにかかりにくい理由として(3)のACE2関与説に注目する。