5月11日、WHO(世界保健機関)は「Tobacco use and COVID-19」と題する声明を発表1)。4月29日に招集した公衆衛生専門家らによる研究レビューの結果、喫煙者は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)にかかると、非喫煙者に比べて重症化しやすいことが明確になったとして、ニコチン置換療法など実績のある禁煙法を使って直ちに喫煙を止めるよう警告した。

 喫煙とCOVID-19の重症化との関連性については、今年2月に世界で最も権威ある医学誌『The New England Journal of Medicine』で、中国約1000人の患者データの分析から「喫煙者では人工呼吸器が装着される、または死亡するリスクが非喫煙者の3倍以上」2)と報告され、この結果はメディアにも取り上げられ話題になった。その後、中国武漢の3次病院の入院症例78症例で悪化した群と改善・安定した群を分け背景因子を比較したところ、悪化群で喫煙率が有意に高く、喫煙歴があると非喫煙者に比べ14倍肺炎が重症化しやすいとする報告も出ている3)

 COVID-19の重症化をもたらす機序として、4月20日付Editor's Note(子どもがコロナにかかりにくいのは喫煙しないから?)で紹介したように、たばこ煙暴露に伴うアンジオテンシン変換酵素2(ACE2)の高発現が関与している可能性が高い。ACE2は肺や心臓、腎臓などの組織に発現し、血圧や腎機能、水・電解質のバランスなどを調節するレニン・アンジオテンシン系(RAS)の中で働くと同時に、新型コロナウイルスの気道上皮細胞への侵入経路となることが近年の研究で分かってきた。実際、喫煙者や慢性閉塞性肺疾患(COPD、喫煙歴が長い人に起こりやすい)患者の肺組織にACE2が多数発現している一方、非喫煙者ではほとんど発現していないという研究結果が欧州呼吸器学会誌に発表されている4)

 新型コロナウイルスの感染拡大に苦しむ米国でも、政府機関のFDA(米食品医薬品局)がホームページ上のCOVID-19に関するFAQを4月28日に更新し、喫煙がCOVID-19の深刻な合併症のリスクになるかというQ&Aを新設5)。回答では、「喫煙はCOVID-19のような肺疾患を引き起こすことが知られており、肺の基礎疾患を持つ人々は、主に肺を攻撃する疾患であるCOVID-19による深刻な合併症のリスクが高まる可能性がある。 たばこを吸うと、全身に炎症や細胞の損傷を引き起こしたり免疫システムを弱めたりして、病気との闘いを弱める可能性がある。禁煙するのにこれほど良い時はない」としている。