現役医師による起業が活発です。その一つであるOUI.Incは慶應義塾大学医学部発のスタートアップで、2016年に同大医学部の眼科医3人が共同創業しました。同社はスマートフォンに装着するアタッチメント型医療機器「Smart Eye Camera」(SEC)を約1年半かけて開発、2019年6月に「一般医療機器(クラスI)」の届け出を行ない、国内外の医療現場で活用されています(関連記事:スマホ一つで眼の検査と診断を可能に――慶応医学部発ベンチャーのOUI Inc.、スマホ装着デバイスとアプリで)。

 SECは、スマホで目の診断をする際に、検査用の光源と眼を拡大する機構で補助するもの。失明の原因になる白内障などの診断には患者の目にスリット光という特殊な光を当て、跳ね返ってきた光を拡大して判断するために「細隙灯(さいげきとう)顕微鏡」という医療機器が欠かせませんが、高価で持ち運べません。SECとスマホがあれば、こうした機器が無くても検査が可能になります。OUI.Incの代表取締役を務める清水映輔氏が、医療環境が整わないベトナムで白内障の検査を実施した時にこのアイデアを思い付いたそうです。

 誕生以降200年以上も抜本的な技術革新がなかった聴診器を生まれ変わらせようとしているのが、熊本県と鹿児島県を拠点にする医療機器スタートアップのAMIです。大動脈弁狭窄症の早期発見を支援する「超聴診器」の開発に取り組んでいます。超聴診器は心電図と心音を同時計測し、独自のアルゴリズムとデータ処理によって医師の正確かつ迅速な聴診をサポートします(関連記事:これが「イノベーションハブ京都」だ――熊本地震で経験した高度な医療機器がない世界がキッカケに)。

 現在、全国各地の大学病院や医療機関と協力しながら臨床研究を実施しており、早期の社会実装を目指しています。このアイデアは、代表取締役CEO(最高経営責任者)で現役医師でもある小川晋平氏が、医療現場で大動脈弁狭窄症を発見する難しさを体験したことから生まれたそうです。

 OUI.IncとAMIはともに、医療現場に日々立つ医師が抱く不便さの解消が開発のきっかけになっています。そして、3DプリンターやAI(人工知能)といった技術革新が製品化を後押しします。医療の進歩と聞くと高額な医療機器に目が向きがちですが、医師が日常的に使用する機器でも確実にイノベーションが起きています。

(タイトル部のImage:arkgarden -stock.adobe.com)

【お知らせ】
Beyond Health特別セッション [日経クロスヘルスEXPO内]
これが近未来の新市場「空間×ヘルスケア 2030」の全貌
2021/10/22(金) 10:00 ~ 11:20(オンライン)

<聴講無料・事前登録制>


[登壇者]
経済産業大臣政務官 兼 内閣府大臣政務官 兼 復興大臣政務官
参議院議員
佐藤 啓 氏
奈良県立医科大学
MBT(医学を基礎とするまちづくり)研究所 副所長(研究教授)
梅田 智広 氏
ほか

詳細はこちら