数えてみたら、この「109社」だった

 どんどん新たなアイデアが生まれ、続々とスタートアップが誕生。そして、そこに関心を寄せる人たち(事業会社など)も急増している――。ここ数年のヘルスケア業界におけるこうした変化の一端を、まさに同コンテストにも見ることができる。

 我々Beyond Healthも、ヘルスケアのイノベーションを追いかけるメディアとして、変化が大きいこの領域はもちろん見過ごせない。今後も、可能な限り多くのアイデアやスタートアップ/ベンチャーを取り上げていきたいと考えている。

 数えてみた。今年5月にBeyond Healthが始動してから約5カ月。本メディアでどれだけのスタートアップ/ベンチャーを取り上げてきたのかを。それが下の表だ。

2019年5月14日のサイト始動から10月14日までの約5カ月に掲載した記事で取り上げたスタートアップ/ベンチャーは「109社」だった。Weekly News Digestでのピックアップ企業も含む。また、今年にIPO(新規株式公開)を果たした企業も含んでいる(表:Beyond Healthが作成)

 この数が多いか少ないかはさておき、今後も積極的に取り上げていく考えなのは間違いない。なお、前述の二次審査の様子についても、Beyond Healthで後日、記事としてお伝えする予定である。


(タイトル部のImage:arkgarden -stock.adobe.com)