先週のニュースダイジェストで、「3Dプリンターで作った人工血管をヒトへ移植」というトピックをクローズアップしましたが、実は同じ週にもう一つ気になるトピックがありました。それは、「11月14日の世界糖尿病デーにあたり血糖管理の正しい情報発信をする『血糖トレンド委員会』を設立」というリリースで、糖尿病患者および予備軍約400人を対象に同委員会が意識調査を実施したところ、約半数(47.7%)の人が「健康診断のHbA1cが正常なら糖尿病の心配はない」と誤解していることが分かったというのです。

 皆さんの中にも、HbA1c正常なら糖尿病は心配ないと思う人は多いと思います。それが誤解? 東京慈恵会医科大学糖尿病・代謝・内分泌内科主任教授の西村理明氏を代表世話人とする血糖トレンド委員会(企画:アボット ジャパン、協賛:3Hクリニカルトライアル)の説明はこうです。「糖尿病はHbA1cの値だけでなく、空腹時などの血糖値を用いて診断されます。一度の健康診断でHbA1cが正常値でも、糖尿病である可能性もあります」

 HbA1cとは、赤血球中のヘモグロビンという色素とグルコースが結合した物質で、血糖が高い状態が続くとその割合が高くなり、検査当日の食事や運動などの影響を受けないことから、過去1〜2カ月の平均的な血糖状態を示す検査値としてよく使われています。しかし、同委員会の説明通り、医師が用いる糖尿病の診断基準では、空腹時や食後の血糖値などの検査値と組み合わせて診断することとしており、HbA1c値だけでは判断しないことになっています。

 加えて近年、持続血糖測定器(continuous glucose monitoring:CGM、flash glucose monitoring:FGM)の登場により、これまで検査時点の「点」でしか把握できなかった血糖値の推移や変動を「線」で記録できるようになっています(図1)。

図1●血糖トレンドとは? (出所:血糖トレンド https://kettotrend.com

 これを使うと、健診で測定したHbA1cが正常な人でも、食後の高血糖や血糖値スパイクと呼ばれる急激な血糖変動が見られることがあり、こうした急激な血糖変動のある人は糖尿病に移行しやすく、心血管疾患のリスクが高いことが知られています。そこで、線の波形で記録される血糖値の変動を「血糖トレンド」と呼んで、新しい血糖管理指標として普及させようというわけです。既に、医学会でもCGMやFGM、あるいは血糖トレンドを用いた研究発表や論文は増えており、今年6月に開かれた米国糖尿病学会学術集会(ADA2019)では、CGMによる血糖管理の指針が新たに発表されました(Diabetes Care. 2019 Jun 8. pii: dci190028. doi: 10.2337/dci19-0028.)。