新型コロナ第6波の到来が心配されるも、2回のワクチン接種もほぼ終わり新規感染者数も抑えられる中、世間は落ち着きを取り戻しつつあるようにも見えます。私は幸い、新型コロナに感染することはなかったものの、思わぬ“副作用”の影響はしっかりと受けました。在宅勤務や不要不急の外出控えによる体重増加です。通勤や取材で平均9000歩以上だった歩数も、在宅勤務ではせいぜい1000歩程度。どんなに頑張って自宅でオンライン取材を重ねようとも、当然ながら運動量は増えません。

 2020年10月に健康診断を受けると、前回受診した2018年10月に比べて体重が4.3kg増加。BMIは基準範囲の上限に近い「24.2」となっていました。中年太りとの相乗効果なのか、20歳前後の体重と比べるとかれこれ10kg増。これはマズイと食事記録アプリも活用してみましたが、うまくいきません。というのも、ズボラな私にとっては記入が面倒なうえに、真面目に記入すれば記入するほど「摂取カロリー過剰」と表示されるのですから、やる気はどんどん低下するばかり…。

 そこで頼ったのが、個人的に大好きなデジタルガジェットです。今回目を付けたのは、「世界で唯一、摂取カロリーを自動計測できる」と謳うスマートバンド「GoBe3」(米Healbe社、日本発売は2020年10月1日)。メーカー希望小売価格2万9700円(税込)は安くはありませんが、“これも勉強のうち”という、デジタルガジェット購入時のお決まりの言い訳を胸に、思い切って購入しました。摂取カロリーのほか、消費カロリー、水分バランス、ストレスレベル、睡眠、脈拍、歩数(距離)を計測でき、時計機能も備えています。

米Healbe社の「GoBe3」。生体インピーダンスセンサー、光学式脈拍センサー、GSR(ガルバニック皮膚反応)センサー、9軸センサーを搭載する。アプリはiOSとAndroidの両方に対応する。2021年11月のアップデートにより、睡眠計測に関して昼間の睡眠(昼寝)も含めた24時間追跡・分析機能が実装された(写真:Healbe Japanのプレスリリースより)
米Healbe社の「GoBe3」。生体インピーダンスセンサー、光学式脈拍センサー、GSR(ガルバニック皮膚反応)センサー、9軸センサーを搭載する。アプリはiOSとAndroidの両方に対応する。2021年11月のアップデートにより、睡眠計測に関して昼間の睡眠(昼寝)も含めた24時間追跡・分析機能が実装された(写真:Healbe Japanのプレスリリースより)
[画像のクリックで拡大表示]

 同製品では、摂取カロリーの自動計測について「FLOW Technology」という独自技術を用いるとしています。消化された食物のグルコース(ブドウ糖)は小腸から取り込まれて血管に入り、血液により全身に送られ、毛細血管から細胞間の間質液を介して細胞に届けられます。同社によれば、グルコースの濃度が上昇すると細胞はグルコースを吸収して水を放出するため、その細胞からの液体の流入出をインピーダンスセンサーによって計測し、計測値をFLOW Technologyのアルゴリズムにより分析することで、カロリー摂取量を推定するとのこと。

 グルコースと言えば、血糖値測定について各社が積極的に取り組んでいます。「IDF糖尿病アトラス」によれば、世界の糖尿病患者は2019年に4憶6300万人となり、2030年には5億7800人まで増加すると予測されています。糖尿病患者の多くは血糖自己測定を必要としており、採血のための指先穿刺は苦痛を感じるケースも多く手間もかかるとされています。巨大市場に向けて、より負担の少ない血糖自己測定に各社が取り組むのも当然でしょう。

 手軽な持続血糖測定としては、米Abbott社の「FreeStyleリブレ」が有名です。こちらは、センサー本体を腕などに貼り付けることで「フィラメント」と呼ぶ微細な針を皮下組織に挿入し、間質液中のグルコース濃度を測定するというもの。間質液中のグルコース濃度と血糖値の相関関係から、血糖値の変動を推測します。日本では2021年2月に公式のスマートフォン(スマホ)アプリがリリースされ、センサーの計測データをスマホで直接読み出せるようになり、“デジタルガジェットっぽさ”がぐっと増してきました(関連記事:外出先でさりげない血糖測定、スマホをかざすだけ アボットの新アプリ)。ネット通販でも入手可能ですが、14日間連続装着の使い捨て式で価格が高いためか、健常者で使おうという人はほとんどいないようです。

 非侵襲の血糖値計測では、指先に赤外線レーザー光を照射して血糖値を計測する「モバイル型血糖値センサー」をライトタッチテクノロジーが開発しています(関連記事:『指に光』で血糖値測定、実用化近付く)。特定波長の光をグルコースが吸収することを利用したもので、同社ホームページによれば2023年に販売される予定です。同社では「カーボヘルスモニター」としてヘルスケア領域(糖尿病予防)に向けた製品も開発していますが、やはり医療機器としてのモバイル型血糖値センサーの方が優先されているようです。

 スマートウォッチでも血糖値測定機能が検討されています。特許取得や大学との共同研究発表などから、米Apple社の「Apple Watch」や韓国Samsung Electronics社の「Galaxy Watch」が血糖値測定機能を搭載するのではと噂されてきましたが、2021年時点では実現しませんでした。2022年には搭載されるとの見方もありますが、開発が難航しているとの見方もあり、先行きは不透明です。

 こうした状況の中、米Healbe社がグルコースの吸収を利用しながらも血糖値をターゲットとせず、ゆるく摂取カロリーを見ることを目的としたのは、うまい戦略なのかもしれません(特に狙ったわけではないのかもしれませんが)。

カロリーバランスを見て食事を調節

 GoBe3ではもちろん血糖値は測定できず、摂取カロリーの精度もそれほど高いとは言えません。Healbe社自身、摂取カロリーの精度についてUniversity of California Davisの Foods for Health Instituteで評価したところ、精度は89.6%だったとしています(Healbe社の検証に関する紹介ページ、評価対象は前機種の「GoBe2」)。

GoBe3のアプリで表示した日々のエネルギーバランス(左、02)と週間レポートのエネルギーバランス(右、03)。エネルギーバランスのグラフは、上側で数字が書かれている方が摂取カロリー、下側が消費カロリー。昼食は12時頃に食べているが、その後数時間かけて吸収していることが分かる。線が切れている部分は、GoBe3と腕が接触せず計測ができなかった時間帯。計測にはかなり本体裏を皮膚に密着させる必要がある。夕食が当日中に吸収されるか、翌日に吸収されるかでエネルギーバランスがプラスになるかマイナスになるかが変わるため、1日のエネルギーバランスよりも1週間のエネルギーバランスで考えた方がいい場合もある(写真:Healbeアプリより)
[画像のクリックで拡大表示]
GoBe3のアプリで表示した日々のエネルギーバランス(左、02)と週間レポートのエネルギーバランス(右、03)。エネルギーバランスのグラフは、上側で数字が書かれている方が摂取カロリー、下側が消費カロリー。昼食は12時頃に食べているが、その後数時間かけて吸収していることが分かる。線が切れている部分は、GoBe3と腕が接触せず計測ができなかった時間帯。計測にはかなり本体裏を皮膚に密着させる必要がある。夕食が当日中に吸収されるか、翌日に吸収されるかでエネルギーバランスがプラスになるかマイナスになるかが変わるため、1日のエネルギーバランスよりも1週間のエネルギーバランスで考えた方がいい場合もある(写真:Healbeアプリより)
[画像のクリックで拡大表示]
GoBe3のアプリで表示した日々のエネルギーバランス(左、02)と週間レポートのエネルギーバランス(右、03)。エネルギーバランスのグラフは、上側で数字が書かれている方が摂取カロリー、下側が消費カロリー。昼食は12時頃に食べているが、その後数時間かけて吸収していることが分かる。線が切れている部分は、GoBe3と腕が接触せず計測ができなかった時間帯。計測にはかなり本体裏を皮膚に密着させる必要がある。夕食が当日中に吸収されるか、翌日に吸収されるかでエネルギーバランスがプラスになるかマイナスになるかが変わるため、1日のエネルギーバランスよりも1週間のエネルギーバランスで考えた方がいい場合もある(写真:Healbeアプリより)

 それでも、実際にGoBe3を使ってみて、私は現時点で手軽に利用できる機器として有用であると感じました。仕組み上、食品を口にしてすぐに摂取カロリーがカウントされるわけではなく、またどの食事がどの時点の摂取カロリーになっているのか、明確には分かりません。夕食がいつも当日中(深夜0時前)に吸収されるわけではないので、1日当たりでのバランスが必ずしも正確とは言えません。それでも、食べ過ぎれば容赦なく現実を突き付けてくれるし、よく歩いた日は動きから推定した消費カロリーで摂取カロリーを相殺していることが分かります。

長期のデータはWebブラウザから1カ月分ずつ閲覧できる。上側(赤)のグラフは摂取カロリー、下側(紫)のグラフが消費カロリー。私の場合は摂取カロリーも消費カロリーも日によってかなり違っているので、毎日腕から計測できるのは便利と思う(写真:HealbeのWebサイトより)
長期のデータはWebブラウザから1カ月分ずつ閲覧できる。上側(赤)のグラフは摂取カロリー、下側(紫)のグラフが消費カロリー。私の場合は摂取カロリーも消費カロリーも日によってかなり違っているので、毎日腕から計測できるのは便利と思う(写真:HealbeのWebサイトより)
[画像のクリックで拡大表示]

 食べてすぐに摂取カロリーに反映されなくても、データの見方次第で食事量の調整に活用することも可能です。利用者レビューでは、1週間単位でバランスを見ると良いとの意見が挙げられていました。私は、1週間単位でのフィードバックでは時間がかかり過ぎてしまうと思ったため、手元で確認できる“そのとき”のカロリーバランスを見て、「プラスだったら、その時点での間食は止める」「プラスだったら、その時点での食事は控えめにする」を心掛けるようにしました。

本体だけでもその時のカロリーバランスを確認できる(撮影:Beyond Health)
本体だけでもその時のカロリーバランスを確認できる(撮影:Beyond Health)
[画像のクリックで拡大表示]

 特に夕食の場合、夕食前(午後7時など)の時点でカロリーバランスからその後についての予想が可能です。午後7時以降に運動することはほぼないので、消費カロリーがその後大幅に増えることはありません。一方、摂取カロリーは場合によっては事前に食べた間食分が今後追加され、さらにこれから食べる夕食分が追加されることになり、その時点でマイナス数百kcalになっていなければ、その日のカロリーバランスはプラスになると予想できます。そこで、午後7時時点でマイナス500~600kcalであれば特に気にせずに夕食を食べ、マイナス100kcalよりも高い状態であれば多少空腹と思っても控えめにする、といったようにしました。

 その結果、2022年4月から着用・測定を開始し、4月~7月には月間での1日平均カロリーバランスでマイナスを達成、体重も4.5kgほど減りました。その後もある程度食事に気を配り、2021年10月の健康診断では2020年比マイナス5kg以上、2018年の結果も下回り、BMIも「22.2」まで引き下げられました。

GoBe3で計測したエネルギーバランス(月間ごとの1日平均)と体重(月間平均)をグラフにしてみた。エネルギーバランスをマイナスにした4~7月には順調に体重を減らすことができた。体重が減りにくくなってきた8月、9月にはやる気を失ってエネルギーバランスがプラスとなり、体重は増える傾向に(グラフ:Beyond Health)
GoBe3で計測したエネルギーバランス(月間ごとの1日平均)と体重(月間平均)をグラフにしてみた。エネルギーバランスをマイナスにした4~7月には順調に体重を減らすことができた。体重が減りにくくなってきた8月、9月にはやる気を失ってエネルギーバランスがプラスとなり、体重は増える傾向に(グラフ:Beyond Health)
[画像のクリックで拡大表示]

 やったあ!危険信号域を脱した──と言いたいところですが、そう上手くは行きません。健康診断結果によると、LDLコレステロールやHbA1cは基準範囲を超えたまま、血圧も高めにスライドしたまま。これまで摂取カロリーやカロリーバランスを考えてきましたが、さらに食事の質の改善や運動が必要、といったところでしょうか。中年の健康を目指す旅はまだまだ続きそうです。

(タイトル部のImage:arkgarden -stock.adobe.com)