明けましておめでとうございます。新年の皮切りとなる今回のEditor’s Note。筆者がピックアップした、2022年のヘルスケア産業を予見する5大キーワード(順不同)を紹介していきます。

技術の進展と並行した議論が不可欠

 第1のキーワードは、がんスクリーニング。2022年は、がんスクリーニング技術の社会実装に向け、様々な議論が活発になる1年となりそうです。

 そもそもがんスクリーニングとは何か。Beyond Healthでは、「生活者の中から、がんに関する検診や医療インフラに行くべき人をふるいわけすること」と定義しています(関連記事:がんスクリーニングとは)。がんの予防には、1次予防(生活習慣の見直しによりがんの原因となる行動を避ける)、2次予防(がん検診による早期発見で早期治療を行う)、3次予防(外科手術後の抗がん剤治療などで再発を予防する)があります。このうち2次予防への橋渡しの役割を担うのが、がんスクリーニングです。

 そのための技術は相次いで登場してきています。例えば、国立がん研究センターなどの研究グループによる、1滴の血液から13種類のがんを早期発見する技術が良く知られています。最近では、名古屋大学発スタートアップのCriafが、尿1滴から卵巣がんと肺がんを検出するスクリーニングサービスを、2022年2月に開始すると発表しました(関連記事:「尿中マイクロRNA」がん早期発見、Craifがサービス開始へ)。

 こうした技術がどんどん利用可能になってくる中、並行して社会全体としての仕組みやコンセンサス形成を進めていくことも重要になります。例えば、早期のスクリーニングによって必要以上に多くの人を精密検査に送り込んでしまい、結果として医療現場の負荷を高めてしまう、いわゆる「過剰診断」をどう考えるか。また、検査で陽性(あるいは、リスク有)と判定された人に対するフォローアップの仕組みの構築も、欠かせない視点です。

 新たな技術であり未成熟な分、様々な議論を深めていかなければなりません。その一つの取り組みとして、Beyond Healthでは2020年9月、有識者を交えた円卓会議「健康人生100年の世界を実現するために『がんスクリーニング』を考える」を開催。がんスクリーニング技術の社会実装に向けて、想定される課題の理解や社会的コンセンサスの構築などを進めていく必要性などについて語り合いました(関連記事:【円卓会議】健康人生100年の世界を実現するために「がんスクリーニング」を考える)。2022年も引き続き、こうした議論を続けていくことが重要だと考えています。