明けましておめでとうございます。

 昨年5月に始動したBeyond Health。おかげさまで、アクセスやメルマガ会員は順調に伸び続けており、公式Facebookページでも連日たくさんのいいね!・シェアをいただいています。多くのみなさまのご愛読とご支援をいただき、誠にありがとうございました。

 さて、新年最初の記事となる本稿。2020年、筆者が気になっている3つのテーマについて触れていこうと思います。

「5G」は新たなビジネスモデルを生みだすキッカケに

 2020年、次世代通信規格「5G」の商用サービスが国内で本格始動します。医療・ヘルスケア分野にも大きなインパクトをもたらすトピックです。

 既に、さまざまな実証が展開されています。その一つが、NTTドコモがコンセプトを披露している「モバイルSCOT」。災害地域などへ機動的に移動できるコンテナ車と、病院の手術室を結び、遠隔手術支援を実現しようとするものです(関連記事)

コンテナ車に搭載する「モバイルSCOT」のイメージ(写真:Beyond Healthが撮影)

 元々、手術中に使う画像診断装置や医療機器を連携させ、医局に設置した“戦略デスク”からリアルタイムに適切な指示を送るというコンセプトで開発されたスマート治療室「SCOT」。戦略デスクと手術室の情報のやりとりは現在は有線ですが、ここに5Gを用いれば遠隔での手術支援が可能になり、さらには戦略デスクそのものを(コンテナ車で)柔軟に移動させられるというわけです。

 フィリップス・ジャパンが伊那市(長野県)と実証を開始した「ヘルスケアモビリティ」。次世代移動サービスであるMaaS(Mobility as a Service)を活用し、ヘルスケアサービスを受けられる拠点を移動可能にすることを目指しています。この取り組みでも、画像やデータの円滑な送受信に加え、自動運転・自動運行・AIでの運行管理などに5Gを活用するシナリオを明らかにしています(関連記事)

 こうした遠隔手術支援やヘルスケアモビリティの他にも、オンライン診療、AR/VRを活用した医療・介護ソリューション、多様なセンサー(IoT)を用いたヘルスケアモニタリングなど、5Gによって多くの取り組みが高度化する可能性が議論されています(関連記事)。ただし、既存のサービス・ソリューションの高度化だけが5Gのインパクトではないでしよう。

 5Gのインパクトとしてもう一つ見逃せないのは、これまでに存在しなかった新たなビジネスモデルを生みだすツールになる可能性があるということ。筆者がかねて展望してきた、社会のあらゆる場が医療・ヘルスケアの中心地になる「ソーシャルホスピタル」の世界も、5Gによってより現実味を帯びてきます(関連記事)

 まさに5Gは、ヘルスケア領域に新たな価値を創造し、スタートアップや新規事業部門、異業種企業などBeyond Healthがフォーカスしている読者にも密接に関係してくるテーマだと考えています。