日医の隠れた功績?

 他方、やはり法改正の必要もあるとみた政府により、感染症法改正に向けた動きが出てきた。加藤勝信官房長官は1月14日の記者会見で「感染症法の規定を強めることを検討している」と発言。コロナ対応の病床確保に向けて都道府県知事の権限強化を図る方向になるとみられる。

 法改正がすんなりいくかは不透明だが、医療崩壊の危機がこれだけ世間の注目を浴びた以上、医療提供体制の効率化は確実に前進するのは間違いない。「病床や病院の集約化と役割分担に手をつけやすくなったのは確かで、それもこれも日医が医療崩壊の問題をあおってくれたため」とは、さる厚労官僚の弁。ピリリと皮肉交じりだが、この先、医療提供体制の良い方向への変化を期待したい。


(タイトル部のImage:kichigin19-stock.adobe.com)