見事なショッキング戦法である。だが、それが奏功するかは神のみぞ知るのかもしれない。

 厚生労働省の20〜30代職員を中心とした「改革若手チーム」は8月26日、同省の業務・組織改革のための緊急提言をまとめ、根本匠厚労相に手渡した。その中身は同省のホームページに掲載されており、提言書本体と概要の2種類がある(写真1)。まだ見ていない方がいれば、ぜひのぞいてみてほしい。特に注目したいのは概要版の方だ。

写真1●厚生労働省改革若手チームがまとめた緊急提言の本体(左)と概要版(右)(写真:Beyond Health)

 「厚生労働省を変えるために、すべての職員で実現させること」と銘打った表紙の背景に広がるのは、薄青色から赤色へと変わるグラデーション。恐らく暗闇からさっさと脱け出して光り輝く明るい職場へ向かいたい意図を表したのだろう。

 概要版をめくっていくと、筆者は少々、いやかなり驚かされた。デザイン性に富み、見やすく、分かりやすく、そしてインパクトが強い。通常の役所の文書とは明らかに異なる作りとなっている。

 例えば、表紙の次に来る1ページ目は「若手チームに届けられた、一部の職員・元職員からの声」に始まる(図1)。もともとこの改革チームでは、提言をまとめるに当たり、本省職員約3800人を対象にアンケートを実施し、延べ2267件の回答を集めた。各人事グループの幹部や若手職員ら243人のほか、退職した若手の元職員14人などにもヒアリングを行い、職員らの労働実態や職場環境の問題点を洗い出したという。

図1●若手チームに届けられたという一部の職員や元職員からの悲痛な叫び(出所:厚生労働省改革若手チーム緊急提言、図2とも) 

 そのアンケートなどを通じて得られたコメントをピックアップして掲載したわけだが、そこに並ぶのは悲痛な声の数々。

・「生きながら人生の墓場に入ったとずっと思っている」(大臣官房、係長級)

・「毎日いつ辞めようかと考えている。毎日終電を超えていた日は、毎日死にたいと思った」 (保険局、係長級)

 なんてかなりドキッとする発言で、インパクト十分である。実際、多くのメディアがこの部分を切り出して報道していた。