医療スタートアップのCureAppが開発した禁煙治療用アプリの公的医療保険適用が今月からスタートした。12月1日に保険収載されたのは「CureApp SC ニコチン依存症治療アプリ及びCO(一酸化炭素)チェッカー」(以下、CureApp SC)。今年8月に医療機器としての製造販売の承認を得ていた(関連記事:CureAppの禁煙治療用アプリ、保険適用を中医協が了承)。

 CureApp SCは、患者用アプリと医師用アプリ、COチェッカーの3つで構成され、患者がアプリに毎日計測した呼気CO濃度や喫煙状況、アプリからの質問への回答などを入力すると、それに応じた治療指導やガイダンスがリアルタイムでアプリに配信される。ニコチン依存症の喫煙者に対する禁煙の治療補助と位置付けられており、標準的な禁煙治療プログラムの中で、禁煙補助薬の「バレニクリン」と組み合わせて使う。

 治療用アプリの保険適用は国内で初めて。それゆえ、どれだけの保険点数がつくのか、注目を集める中、厚生労働省が先月決定した診療報酬は2540点(2万5400円)だった。医師がアプリを処方した1回に限り算定できる。

 つまり、この治療用アプリを利用する場合、患者は標準的な禁煙治療を行う際に算定するニコチン依存症管理料に加えて、自己負担額にして8000円弱(3割負担の場合)を初回に一括して払う必要がある。その負担をどう感じるかで、CureApp SCの普及度合いも変わってくるのだろう。