糖尿病の診断や治療に欠かせない血糖値の測定。定期健康診断でも必須測定項目の1つである。今は採血が必要だが、指に光を当てるだけで高精度に測定できる――。そんな検査装置が、早ければ2021年にも登場する見通しだ。

血圧計のように「誰でもいつでも」の実現へ

 厚生労働省の国民健康・栄養調査によれば、日本では未治療の人を含めた糖尿病患者は約1000万人、糖尿病になってしまう可能性が高い糖尿病予備群も約1000万人と推計されている。また、国際糖尿病連盟(IDF)の調査によれば、全世界の糖尿病患者数は2017年時点で4億2500万人に上ると推計されている。糖尿病をいったん発症すると治ることはなく、重症化すると腎不全や失明などを引き起こすため、重症化を防ぐ早期治療や、糖尿病予備群の段階までに生活習慣を改善することが大切とされる。

 食事をすると、腸から栄養を吸収し、肝臓を介して血液中にブドウ糖(血糖)が送り込まれて脳や筋肉のエネルギー源になる。健康ならば血糖の濃度(血糖値)が上昇すると、膵臓がインスリンを分泌し、血糖値は速やかに正常に戻るが、何らかの原因でインスリンの分泌が不十分だと食後の血糖値が高くなり、空腹時にも血糖が高いままになる。これが糖尿病、あるいは糖尿病予備群の症状だ。

 このため、血糖値の測定は糖尿病の診断や管理、予防に欠かせない。企業などの定期健康診断でも必須項目の1つになっている。もっとも、近年では小型・低価格の血糖測定器が登場し、手軽に測れるようになってきた。最新のデバイスでは、ごま粒大から米粒の半分(0.2μ〜1.6μL)といったごく少量の血液があれば血糖値を知ることができる。しかし、ごくわずかとはいえ、検査のたびに指先などを針で刺す必要があり、血圧計のように「誰でもいつでも」できる測定とは言い難かった。

ライトタッチテクノロジーの山川氏(写真:行友 重治、以下同)

 しかし、こうした採血をせず、人体に無害なレーザー光を当てるだけで、高精度で血糖値を測定できる検査装置が実用化の一歩手前にある。本装置は、フェムト秒(1000兆分の1秒)といった超短パルスレーザー光研究の第一人者である山川考一氏が、日本原子力研究開発機構の量子ビーム応用研究部門在籍時に開発した。現在は、科学技術振興機構(JST)の大学発新産業創出プログラム(START)などの支援を得て山川氏らが設立したライトタッチテクノロジーが実用化を進めている。