生物の能力をがんなどの診断に利用する「生物診断」。その研究や啓発を目指して設立された生物診断研究会は2019年5月16日、東京で第1回研究会合を開催した。会員数は同日時点で約50人と小規模だが、当日は報道関係者を含め97人(同会調べ)が参加、新たな診断技術に対して高い関心が集まった。

同研究会は、九州大学発ベンチャーであるHIROTSUバイオサイエンスが開発を進めている「N-NOSE」の臨床応用の研究と啓発を活動の中心に据えている。N-NOSEは線虫の一種である「C.エレガンス」と呼ばれる生物の嗅覚を利用するがん検査法で、2020年1月にも、検診センターなどを通して実用化される見通しだ(関連記事)

第1回研究会合の様子(写真:Beyond Healthが撮影、以下同)

治療に比べて立ち後れていたがん診断の進歩

 「治療の進歩により、難治がんとされてきた食道がんなどでも、早期発見すれば命を落とすことが少なくなった。しかし、がんを見つける診断技術はそれほど進歩していない」。同研究会の代表理事で東京大学消化管外科学教授の瀬戸泰之氏は冒頭、こう指摘した。

代表理事で東京大学消化管外科学教授の瀬戸泰之氏

 CTやPETなどで発見できるのは通常、がんが直径1cm程度以上になってから。しかもがんの形態を見ているだけで、診断の確定には生検(組織採取)が必要となる。このため、消化器がんなどでは、形態の観察と生検が行える内視鏡検査が威力を発揮するが、苦痛が大きく、検査時間がかかる、高コストなど、受診者の負担が大きく、健康診断で全員に実施するのは現実的ではない。

 瀬戸氏は、「そのため、患者の負担が少なく、早期がんを高い精度で発見できる検査手法が重要となる。そうした診断技術の開発や啓発がこの研究会の目的だ」と述べた。