これまで見てきたように、がん医療への人工知能(AI)の実装においては、データの質と量が雌雄を決する。これは、がんゲノミクスの分野でも同様だ。プレシジョンメディシンの時代を迎え、ヒトゲノム・遺伝子の情報をいかに収集・解析し、現場に実装していくか。そのベンチマークとなるのが、1970年代にバイオ事業をいち早く立ち上げ、以来ゲノムのデータベースや解析アルゴリズムの開発を手掛けてきた三井情報だ。東京・港区にある本社を訪ねた。

 今年6月、がんの遺伝子検査が保険適用となった。がんと診断された患者のがん細胞のゲノムを調べて、異常の有無を見極める検査で、異常が見つかれば、その異常を持ったがんに効きやすい薬を選べる。

 がんの遺伝子検査は、従来のように、大腸がんや胃がんなど、発生した臓器でがんを分類するのではなく、がん細胞の遺伝子の情報に基づいてきめ細かく分類していることになる。こうした考え方を「プレシジョンメディシン(精密医療)」と呼ぶ。もともと2011年に提唱されたものだったが、2015年に、オバマ元米国大統領が一般教書演説で「プレシジョンメディシン・イニシアティブ」として取り上げたことから、広く知られることになった。

 今回、日本において保険適用されたもののうち、中外製薬が提供する「FoundationOne CDx がんゲノムプロファイル」では325個、シスメックスが提供する「OncoGuide NCC オンコパネルシステム」では114個のがん関連遺伝子を調べることができる。それぞれ検査料は8万円で、検査判断と説明料が48万円の合計56万円。受ける人はそれぞれ3割負担で受けることになる。

 「OncoGuide NCC オンコパネルシステム」において解析のためのシステム開発を担ったのが三井情報だ。読み取ったゲノムデータから変異を抽出するアルゴリズム「cisCall(シスコール)」の実装に関わっている。

 この実装には、三井情報が以前から蓄積してきたゲノムのデータベースや解析アルゴリズムに関する知見が生かされている。そして、同社が展開するゲノム事業は、今回保険適用になった検査にとどまらない。