がんの遺伝子検査が、6月の保険適用をきっかけとして、にわかに身近になってきた。とはいえ、「遺伝子」「ゲノム」「DNA変異」といった言葉は、一般の人々のみならず、医療者にとっても難解で、できれば避けて通りたいと思われがち。今後、医療現場で検査の利用を進めるには、分かりやすい言葉による十分な説明が求められそうだ。今回は、がんの遺伝子検査の課題に「ユーザーエクスペリエンス(UX)」という視点から挑戦しようとする企業を訪れた。

 日本でがんと診断される人は年間100万人近くに上る。このうち、今回保険適用された遺伝子パネル検査(関連記事)を受ける人は、メーカーの推測によれば、5年目でピークを迎えて2万6000人ほどになるとみられている。

 将来的には、人体の持っているタンパク質と関連する遺伝子をまるごと調べる「エキソーム検査」や、人体のゲノム全体を調べる「フルゲノム検査」も行われるとみられ、がんの遺伝子検査を受ける人は、もっと増える可能性が高い。さらに新しい技術が出てくれば、異次元の水準で広がることもあり得る。その恩恵は明確になってきており、多くの人にとってがんの遺伝子検査が身近になる未来は確かにやってくるのだろう。

 しかし、がんの患者がそうした検査に慣れている場合は少ない。予備知識の全くない人にも理解してもらう必要がある。そこに事業の機会が生まれる。そうした側面からがんの遺伝子検査に関わろうとしている企業の一つが、東京・本郷に本社を構えるXcoo(テンクー)だ。

Xcoo代表取締役の西村氏(写真:寺田拓真、以下同)