1細胞RNAシーケンス法、遺伝子バーコーディングとは

 さらに注目されているのは、1つの細胞ごとのゲノムを解析することで開かれる新しい世界だ。西川氏は「新しい技術を使うことで全く発想は変わってくる」と重ねるように指摘する。

 一つは「1細胞RNAシーケンス」。細胞の中では、DNAからタンパク質を作り出すときにRNA(リボ核酸)と呼ばれるものが作られている。直接DNAからタンパク質を合成するのではなく、このワンクッション置く仕組みによって複雑なタンパク質を作り出すことができている。この仕組みをうまく利用し、RNAを調べることで、細胞の中でどんな遺伝子、どんなタンパク質が働いているかを見ることができるのだ。そうした分析はこれまでも行われていたが、シーケンサーの進化や解析技術の開発によって、微小な1細胞単位で調べられるようになっている。

 これによって、従来考えられなかったくらい精密な分析が可能となる。例えば、がんであれば、その中には異なるゲノムを持つがん細胞が混在していると分かってきている。これまではそれらをうまく調べられなかったが、1細胞RNAシーケンスにより把握することが可能となった。徹底的にがん細胞を調べることで、よりきめの細かい治療を実現できる可能性がある。

 さらに「細胞バーコーディング技術」も発達が著しい技術の一つだ。ゲノム編集の技術を応用することで実現した新しい技術である。細胞の中にあるDNAの中に、文字通り「バーコード」のような働きをする「細胞を区別できるエリア」を作るのである。細胞の成長などに合わせてバーコードを作り替え、細胞の変化を追跡可能とするのである。この技術によって、人間がどのように成長するかを目で見れるようになるほか、がんの領域であっても、がんがどのような変化をしていくのか、がんの転移がどのように起こるのかといった動きを目で確認できるようになる。

 「日本も遅れてはならない」と西川氏は言う。がんとゲノムの世界の進化は続く。そこにどう関わっていくのか、知らないでは済まされない。

(タイトル部のImage:ipopba / Design Cells -stock.adobe.com)


【筆者】

星 良孝 <ステラ・メディックス>

ステラ・メディックス:専門分野特化型のコンテンツ創出を事業として、医療や健康、食品、美容、アニマルヘルスの領域の執筆・編集・審査監修をサポートしている。代表取締役の星良孝は、東京大学農学部獣医学課程を卒業後、日本経済新聞社グループの日経BPにおいて「日経メディカル」「日経バイオテク」「日経ビジネス」の編集者、記者を務めた後、医療ポータルサイト最大手のエムスリーなどを経て、2017年に会社設立。 http://stellamedix.jp/