2014年、理化学研究所などが加齢黄斑変性患者に対する世界初のiPS細胞(人工多能性幹細胞)移植を行ったことは記憶に新しい。移植するiPS細胞由来再生医療製品の開発を手掛け、実施に関する独占的ライセンスを受けたのが、マザーズ上場のヘリオスだ。創業9年目を迎え、iPS細胞製品から体性幹細胞製品へ軸足を移す。代表執行役社長CEOの鍵本忠尚氏を訪ね、その戦略を聞いた。

 「細胞医療の全体感は非常にいいと思う」。医師でもある鍵本氏は、再生医療の現状についてまずこう口にした。「AIやIoTなどの情報科学関連のドライイノベーションが進んでいるが、ゲノムや細胞医療などの生命分野のウェットイノベーションもさらに進んでいくだろう。それぞれの融合領域もあるかもしれない」

ヘリオス代表執行役社長CEOの鍵本氏(写真:飯塚寛之、以下同)

 「低分子の医薬品は2万分の1の確率で世に出るとされるが、細胞はもっと実用化の確率が高く、開発スピードも速いと考えている。もともと体内に存在するものなので、安全性も比較的高い」と鍵本氏は話す。

 ヘリオスは製品を世に出せるかどうかの正念場を迎えている。2011年創業から2019年で第9期目。2018年には売り上げはなく、純損失が5億5300万円。総資産額が188億円で、自己資本比率は8割超と財務基盤は強固だが、製品あっての事業である。今、同社は自前の製品にこだわらずに事業の成長を求めようとしている。