前回まで見てきたように、本格的に実用化のフェーズに移ってきた「再生医療」。周辺の分野にも新しいビジネスがどんどん広がっている。日本で再生医療の最先端で勝負をかける企業人や研究者らはどんな未来を描くのか。再生医療で勢いのある京都・神戸はもとより、全国で新産業の胎動が感じられる。今回訪れたのは、再生医療のインフラといっても過言ではない「細胞培養」の技術を武器に提携先を広げようとしている沖縄発のベンチャー企業だ。

(写真:沖縄健康バイオテクノロジー研究開発センター)

 空高い雲、濃い緑の葉を茂らせた樹木。那覇空港から車を1時間ほど走らせた先にあり、太平洋を間近に望む沖縄県うるま市の沖縄健康バイオテクノロジー研究開発センター。ベンチャー企業フルステム(沖縄県那覇市、代表取締役:千葉俊明氏)は昨年8月、そこに研究拠点を開設した。

 創業3年目ながらフルステムは既に北海道大学との連携を開始。沖縄でも南部徳洲会病院との共同研究を開始したところ。手がけているのは、細胞を培養する小型の装置(写真1)。

 沖縄から再生医療に挑むのは地理的にも経営資源の面でも不利にも見えるが、創業者であり、医師の資格も持っている千葉俊明氏は、「沖縄は日本にとって東アジアの玄関口。再生医療をアジアに広げるために大きなアドバンテージ。ここから世界にも打って出たい」と言う。

写真1●フルステムが開発を進める次世代型培養装置「アチーバ-CS」(写真:ナカンダカリマリ、以下同)

 特徴は「不織布」と呼ばれるタイプの素材を応用して、細胞を増やしていく技術だ。フルステムを訪れ、同社が再生医療の世界にどんなニーズを捉え、何を変えようとしているのかを聞いた。