新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に翻弄されて1年。この感染症について世界的に研究が進み、子どもは大人より重症化リスクが低いことの裏付けが取れつつある。しかし、意外なところで子どもの心身の健康が脅かされているという。かずえキッズクリニック院長で小児科医の川上一恵先生に話を聴いた。

 「コロナ禍で乳幼児健診や予防接種のタイミングを逃すケースが散見されます。親御さんに来院しなかった理由を尋ねると『病院に行くと、うつされそうで怖かった』。院内感染のニュースを観て怖くなったのでしょうね。でも、医療機関では健診や予防接種と、風邪などの可能性がある子どもの診察とは分けて対応していますし、そもそも健診も予防接種も子どもの成長と発達のために必要不可欠なもの。コロナだけを過剰に怖がらないでほしい」

 こう呼びかけるのは、かずえキッズクリニック(東京都渋谷区)院長の川上一恵先生だ。

かずえキッズクリニック院長 川上一恵先生(写真:佐藤 久、以下同)

 乳幼児健診や予防接種は子どもの成長・発達を踏まえてスケジュールが定められている。乳幼児健診では健康状態や栄養状態、成長や発達、先天性疾患の有無などを総合的に診ており、例えば発達性股関節形成不全などは生後半年までに発見できれば、治癒の可能性が広がるという。逆に、タイミングを逃せば、それだけ将来にわたるリスクを抱えかねないというわけだ。

 また、予防接種にしても、その月齢・年齢で罹りやすい疾患や対策すべき疾患を予防するべくスケジュールが組まれている。日本脳炎や肺炎球菌による髄膜炎などは予防接種が広まったことで感染者数が減り、話題に上ることが少なくなったが、地球上から撲滅したわけではない。水疱瘡や結核も同様で、人々が忘れたころに流行してしまう。対策すべき感染症はCOVID-19だけではない。

 「予防接種で防げるものは防ぐべきです。最近は受診控えが減ってきたけれど、健診や予防接種がまだの人がいたら、かかりつけ医に電話してほしい。タイミングがズレていても医療機関は対応するし、電話をすればそれぞれの医療機関の感染対策を知ることもできます。若い親御さんには電話が苦手な人も多いので、当クリニックではFacebookやLINEも使って情報を発信しています。一人で抱え込まないで、いつでも相談してください」(川上先生)