乳がんの治療でブラジャーが合わなくなることがある。「サイズが変わった」「手術痕に縫い目が当たって痛い」「皮膚が敏感になって化繊だとかゆい」など、そんな女性の悩みに寄り添い続けてきたのが「KEA工房(ケアこうぼう)」だ。専用のブラジャーやパット、温泉施設で使用する入浴着などの自社開発製品を扱うほか、既製のブラジャーのお直しも請け負う。

「まずは気軽に来店してほしい」と語る同社代表取締役の澤井照子氏と、銀座本店の原島亜奈氏に話を聞いた。

 創業のきっかけは20年ほど前に遡る。澤井氏は縫製技術を生かしてシャツなどのアウターやブライダル用インナーのお直しを請け負っていた。そこに乳がんの治療で乳房を切除した女性が現れる。「既製のブラジャーを私の身体に合うように直してほしい」という依頼だった。

 「初めての依頼で驚いたが、専用品が流通していない時代だったので、大変喜ばれた。そこから口コミが広がったのか、同じ悩みを抱えるお客さまが何人も来店し、困っている方が多いことを実感。下着を専門とするKEA工房を立ち上げた」(澤井氏)

KEA工房 代表取締役の澤井照子氏(写真:早川 マナ、以下同)

 乳がん経験者向けのブラジャーにはいくつかの特徴がある。その一つがパット用ポケットだ。一般的なブラジャーでもパットを使うが、胸を支えることが目的なので、ポケットはカップの下半分しかない。一方、乳房切除後は胸全体を覆うパットを使用するので、ポケットも大きなものが必要。専用品にはあらかじめポケットが付いているが、KEA工房では一般的なブラジャーにポケットを取り付けるお直しを請け負っている。

 そのほかにもKEA工房ではワイヤー入りブラジャーからワイヤーを抜く加工や、拡張フックでアンダーを広げる加工、ゆるくなったストラップを詰める加工なども手掛ける。ブラジャーのお直しができるところは少ないうえに、専用品の購入価格と比べたら格段にリーズナブルだとして好評だ。「下着は値段じゃない。自分に合うものを正しく身に着けることが大事」と澤井氏はいう。