世界中のファッション業界関係者が注目するパリ・コレクション(パリコレ)。しかし、ランウェイを車いすが通ったことはないという。福祉関連事業を展開する企業経営者の平林景氏はその情報を得るや、「車いすでランウェイ」の実現を決意。一般社団法人日本障がい者ファッション協会を設立し、巻きスカート型の「bottom’all(ボトモール)」を開発した。

平林氏が思い描いているのは障害への偏見がなく、誰もが自分の好きなファッションを楽しめる世界。ボトモールを通して、氏が伝えたいこととは──。

一般社団法人日本障がい者ファッション協会 代表理事 平林景氏(提供:日本障がい者ファッション協会)
一般社団法人日本障がい者ファッション協会 代表理事 平林景氏(提供:日本障がい者ファッション協会)
[画像のクリックで別ページへ]

 平林氏は自他ともに認める“福祉業界のオシャレ番長”だ。もともとは美容師だったが、手荒れの悪化で仕事が続けられなくなり、福祉業界に転身した。現在は福祉関係の事業を展開する株式会社とっとリンク(兵庫県尼崎市)を経営している。

 「以前にオシャレな福祉施設をつくろうとしたら、『そこにこだわるなら療育そのものに力を入れてほしい』と言われた。オシャレなレストランがまずいわけではないのと同じように、オシャレな施設だと良い療育ができないわけではない。しかし、福祉業界では目立ってはダメという風潮が根強く、オシャレの要素が極端に欠落している」

 だからこそ、車いすでのランウェイにこだわるのだが、多様性や包摂性を重視するこの時代に、パリコレのランウェイで車いすにスポットライトが当たったことがないことは少々意外だ。パリコレはこれまでもジェンダーや環境問題などの社会課題に積極的に挑んでいる。

 「車いすでランウェイが実現していない理由を自分なりに考えてみると、ファッションは立位姿勢で完成するので、座位姿勢だとバランスが崩れるという偏見と、障害そのものへの偏見があるのではないか。逆に言えば、ファッションの最高峰であるパリコレに車いすが登場すれば、障害に対する見方が変わるはず」