髪型は顔の額縁だという。絵は額縁がなくても成立するが、額縁次第でいかようにも印象が変わる。つまり、額縁は絵の魅力を失わせることもあれば、絵を引き立て、より一層輝かせることもできるのだ。

 「福祉理美容」をご存じだろうか。狭義の意味では、外出が難しい高齢者や障害者のいる施設や自宅を訪ねて、ヘアカットなどの理美容サービスを提供することである。しかし、愛知県と東京都を主な拠点として福祉理美容を提供するNPO団体の全国福祉理美容師養成協会(ふくりび)では、福祉理美容をもっと大きな枠組みで捉え、がん患者向けの医療用ウィッグやネイルケア、知的障害者身だしなみ支援、途上国での理美容職業訓練なども手掛けている。

 理事長の赤木勝幸氏は24年前から訪問理美容を開始し、2007年にNPOを設立。福祉理美容をとりまく状況は少しずつではあるが、良い方向に変わってきているという。

ふくりび理事長の赤木勝幸氏(写真:早川 マナ、以下同)

 「かつて高齢者向けのカットといえば、介護しやすい髪型にするのが定番だった。おじいちゃんも、おばあちゃんも短髪刈り上げ。しかし、我々はヘアカタログと鏡を見せてコミュニケーションを図りながら髪を整えていく。いまはどこもQOL重視なので、かつてのようなスタイルは減ってきているとは思う」(赤木氏)

 いま日本全国に美容室は25万軒と、供給過多の状況が続く。そのほとんどが個人経営のサロンだが、「リクルートの調査ではHotPepper登録サロン4万軒超のうち福祉理美容を行っているサロンは12%程度」(赤木氏)と少ない。高齢化社会ゆえに市場は大きいだろうが、実は福祉理美容を片手間で始めることは簡単ではない。

 介護施設や自宅にはサロンのような設備がないので、切った髪の処理やシャンプーには専用の道具が必要になる。また、依頼者のなかには寝たきりの人や認知症の人もいて、介護の基礎知識が必要になるケースもある。どうやって依頼者を増やし、介護職員や施設と連携するかも考えていかなければならない。そこで、これからの社会に間違いなく必要な仕事であることから、ふくりびではノウハウを詰め込んだ書籍を作成し、福祉理美容人材の養成に努めている。