「患者のQOLのために、お顔の仕上げ手術は美容外科の心を持つべき」

そう語るのは形成外科医から美容外科医に転身した山口憲昭氏。この9月から美容外科では珍しいフリーランスの医師として、東京の加藤クリニック麻布と大阪のメガクリニックを拠点に活動するほか、その合間を縫って先天性疾患の患者のためのボランティア手術も請け負う。

そんな多忙な日々を送る山口医師に聞く、形成外科と美容外科の境界線とは──。

 今年3月、フジテレビのドキュメンタリー番組『ザ・ノンフィクション』が話題を集めた。この日のタイトルは『あなたの顔、治します』。美容外科医の山口氏に密着する内容で、患者の一人として登場したのがタレントの有村藍里さんだった。

医師の山口憲昭氏(写真:早川 マナ)

 山口氏は、口元が前に出ていることに悩む有村さんに、骨切りによる輪郭矯正を提案する。それは顔面骨を複数に分割し、それぞれの位置をミリ単位で調整するという繊細な手術だ。有村さんは不安を抱きながらも手術に臨み、術後の腫れや痛みも乗り越えた。久々の診察で近況を尋ねられると、有村さんは涙を流しながら「口紅を塗るのが楽しくなった」「これからもずっと楽しみ」と微笑んだ。

 彼女の変化は明らかだった。口元が整っただけではなく、眼差しに強さがあり、表情が格段に明るくなった。また、手術前は自信のなさそうな発言が目立ったが、手術後のコメントはどれも前向きだった。特に美容整形に関しては賛否があることを踏まえたうえで、「自分には必要だった」「やってよかった」と自分の決断を肯定的に捉えている。こうした変化を山口氏は予期していたのだろうか。

 「彼女の内面的な変化は彼女自身の功績。医師にできることはカタチを整えることと、変化のための触媒になることくらい。自分を変えられるかは本人次第。美容外科において手術は確かに大切だが、それだけでは幸せになれない」