「エピテーゼ」という言葉を聞いたことがあるだろうか。事故や疾患・手術などによって欠損した部分に装着する人工の補綴(ほてつ)物のことだ。手足の機能・形を補う義肢と違って、エピテーゼは“見た目”をカバーすることが主目的で、その仕上がりはハリウッド映画の特殊メイクさながらだ。

歯科技工士として働きつつ、エピテーゼ製作や技術者養成スクールを運営するメディカルラボKの萩原圭子氏に話を聞く。

 人間の皮膚のようにしっとりと柔らかな質感のエピテーゼ。シリコンの特性を生かした補綴物は指先の指紋や爪の質感、乳頭のしわまでも再現される。その緻密さは感動的でさえあるが、製作過程で最も集中力を必要とするのは彩色だという。

 皮膚の色は均一ではない。太い血管の通る部分は青みがかり、毛細血管が密集した部分は赤みが強い。ところどころに黄色や白色が透けたり、茶色のシミが浮かんだりもしている。そんな皮膚の色調を細やかに再現することで、本物以上に本物らしい肌色を作り上げていく。

メディカルラボKで製作したエピテーゼのサンプル。細かな皺や皮膚のまだらな色彩が見事に再現されている(写真:早川 マナ、以下同)

 エピテーゼの需要で多いものの一つが乳房だ。乳がんの手術で乳房を摘出した場合、自家組織やインプラントによる再建という選択肢はあるが、完全に元通りになるわけではない。しかも、現在は国内唯一の保険適用のインプラントが米国FDAの要請で販売停止中。他社製インプラントならば自由診療なので、治療費は格段に上がる。ただでさえ手術には心身の負担が伴うため、「再建しない」ことを選択する人も多く、専用の補正用パッドや下着はさまざまなタイプが発売されている。

 「着衣のときはカバーできても、温泉や公共施設での入浴、子どもや孫との入浴のときにエピテーゼがほしいという声が多い。エピテーゼは専用接着剤で装着するので入浴可能。乳房全体ではなく、乳首だけというニーズもある。人間の認知は不思議なもので、対になっているはずのものが欠損していると気になって見てしまうが、乳頭だけでも存在していれば気にならなくなる」

メディカルラボK 萩原圭子氏