「おしゃれは足元から」という。靴にさほど関心がない人でも、装いに合わせて革靴やスニーカーを使い分けている。しかし、疾病やケガのために好きな靴を選べない人たちがいる。市販の整形医療靴や介護靴は色も形も単調で、進んで履きたいとは言い難い。

義肢装具士の菅野ミキ氏が代表を務めるオーダーメードの靴ブランド「&MIKI(アンドミキ)」ではデザインにこだわった整形医療靴を提案する。

 &MIKIの最初の顧客は4歳の子どもだった。その子は脳性麻痺で、生まれてから一度も靴を履いたことがない。リハビリテーションを始めるために靴が必要になったのだが、病院で専用靴を見た両親は『これではない』と思った。大切な我が子の最初の一歩、もっと気持ちが明るくなる靴を履かせてあげたい。そう考えた両親がたどり着いたのが&MIKIだった。

 整形医療靴の製作には足の症状や医師の治療方針といった情報が必須だが、菅野氏はそれだけでなく、どういった靴を履きたいのか、どんな靴を履かせたいのかという“想い”を丁寧にヒアリングする。リハビリはただでさえ辛いもの。嫌々履く靴ではなおさら辛くなるだろう。少しでも前向きになれるように、菅野氏は本人と家族が希望した星のモチーフと、さわやかなブルーのステッチを入れた靴を仕上げた。

 「最初の靴は14cm。それから成長に合わせて新しい靴を作り直し、7歳になった現在は18.5cmの靴を履いてくれている。リハビリも頑張っていて、会うたびに表情が明るくなっていく。最初は足に触れただけでも嫌がり、暴れていた彼が、いまでは『ありがとう』という仕草を見せてくれる。そんな成長の過程を見守れるのはこの仕事の一番の醍醐味」

「&MIKI」代表の菅野ミキ氏。手に持っているのは星のモチーフが着いた子ども用の整形医療靴(写真:早川 マナ、以下同)