健康保険適用外ならではの自由を生かす

 卒業後、菅野氏は義肢装具士として働き始める。成長過程の子どもは補装具の効果が期待できることが多いが、「重い」「仰々しい」などの理由で日常的に装着しない子どももいて、もっと積極的に身に着けてもらえるように可能な範囲で色やデザインにバリエーションをつけた。やがて、菅野氏は靴の独特な存在感に気付く。

 「著しい足の変形や強い痛みがある場合でも『こういう靴が履きたい』とデザインにこだわる方がいる。ほかの義肢装具と違って、靴は多種多様な市販品が出回るファッションアイテムという側面があるからだと思う。いくら足に合う靴を作っても、好みに合わなければ履いてもらえない。それならば、心から『履きたい』と言っていただける整形医療靴を作りたいと考えるようになった」

整形医療靴を必要とする疾患はさまざま。モニタの画像はリウマチ患者の足。第二趾(人差し指)の下に胼胝(タコ)があるため、柔らかい靴だと患部に負荷がかかって痛みが増す。そこで、外的刺激を緩和できる硬さ、かつ、足を前へ振り出しやすいようにソールを加工することで足当たりを優しくして患部への刺激を軽減するようにした

 義肢装具は各種健康保険や障害者総合支援法、自治体の支援制度などの対象だが、治療費償還や助成金支給を受けられるのは治療目的のものに限られる。選定基準は制度ごとに異なるものの、基本的にファッション目的の装飾付きのものは適用されない。色や形状にも制限があるので、自ずと画一的なデザインになってしまう。

小児麻痺で内反尖足に変形した顧客のための型。右側は石膏で型採りして製作した足型で、左側は靴型に修正した木型。疾患のために足は常につま先立ちのような状態になっているが、これらの型をもとに足の不安定さを解消し、かつ最も歩きやすい状態に靴を成形していく

 整形医療靴としての機能が同じだとしたら、デザインは単調でも保険適用の靴と、全額自己負担だけれど好みのデザインの靴、どちらを選ぶだろうか。考え方は人それぞれだが、現状は前者の方が圧倒的に入手しやすく、仕方なく履いている人もいる。大切なことは選択肢があることだ。自分で納得して選んだ靴ならば、堂々と一歩を踏み出せる。外出も楽しくなるだろう。

 そのお手伝いをしたいと考えた菅野氏は会社を辞めて、家業であるオーダーメードの靴工房に入り、そこで靴作りを一から学んだ。改めて向き合ってみると、オーダー靴ならではのデザインの幅の広さや、素材の豊富さは目を見張るものがあった。さまざまな要望をカタチにする技術にも感銘を受け、「これらの良いところをうまく整形医療靴の技術と掛け合わせれば、より良い靴が作れる」と確信した。