先天性難聴は新生児1000人に1人と、生まれつきの疾患のなかで最多の障害だ。また、70歳代男性の5割、同女性の4割が難聴との指摘もある。難聴は意外に身近な疾患であるにもかかわらず、なぜか補聴器には抵抗感がある人が多い。

「メガネと同じくらい、補聴器も当たり前の社会になってほしい」

そう語るのは、補聴器を個性的に彩るデコチップを開発した「彩希(あき)~Beautiful Ear~」代表の北村美恵子氏と松島亜希氏。両氏の提案するコンセプト「魅せる補聴器」とは──?

1歳半のときから補聴器を使っている松島氏が着想

 補聴器デコチップとは補聴器に貼り付ける樹脂製の装飾品のこと。花柄やドット柄、グラデーション、ラインストーン付きなど、さまざまなデザインがある。ネイルチップ(つけ爪)のように簡単に付け替えることができ、ファッションやTPOに合わせて補聴器を“着替え”させることができる。

補聴器デコチップを装着した状態。耳介に引っ掛けるタイプの補聴器に、和風のデザインのチップを貼り付けている。耳の孔に装着しているのは外部から入ってくるノイズを抑えるためのイヤモールド(写真:早川 マナ、以下同)

 補聴器デコチップの原案を考えたのは、1歳半のときから補聴器を使っている松島氏だ。着想の原点は大学時代のボランティア活動。そこで出会った子どもたちは補聴器に気付くと「あれはなに?」と関心を寄せるが、付き添いの保護者は「そんな風に見たら失礼」「余計なことは聞かないの」とたしなめる。

 「補聴器を見られたくない、隠したいと思っているユーザーは多いが、私にとっては補聴器も身体の一部。聞かれるのは嫌ではないし、むしろ補聴器のことをもっと知ってもらいたい。だから、あえて補聴器にキラキラと光る市販のネイル用シールを貼って目立つようにした。すると、子どもたちが『かわいい』『見せて』と笑顔で近寄ってくる。『僕も着けてみたい』と言い出す子どももいて、話すきっかけになった。こういう対話の積み重ねが補聴器への理解につながるのでは。補聴器が特別なものではなく、当たり前の社会にしていきたい」(松島氏)

補聴器デコチップの発案者である松島亜希氏