*本連載の趣旨はこちら

ヘルスケア専業REIT(リート)である「ヘルスケア&メディカル投資法人」は、2015年3月に東京証券取引所不動産投資信託市場に上場、有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅、病院を中心とした不動産物件へ投資している。同REITの資産運用会社であるヘルスケアアセットマネジメント(東京都千代田区)が、管理、運営を行っており、上場時に236億円だった資産規模は、現在648億円に拡大。直近の予想分配金利回りは6%を上回る水準となっている(2020年3月17日時点)。

 REITは投資家から集めた資金で不動産を購入し、そこから得られる賃料収入や不動産の売買益を原資として投資家に分配金を支払う金融商品で、投資信託の1つ。「不動産投資信託」とも呼ばれる。一般的なREITの投資対象はオフィスビルや商業施設、マンションなどだが、ヘルスケアREITでは、病院や介護施設などのヘルスケア関連施設が主な投資対象であり、国土交通省が定めた病院・介護施設保有に関するガイドラインに沿って運用されている。

図1●ヘルスケアREITの仕組みのイメージ(図:Beyond Healthが作成)

 ヘルスケア&メディカル投資法人の保有施設は35物件。施設のタイプ別ポートフォリオの内訳は、有料老人ホームが最多の31物件で、残りは有料老人ホームと病院を含む医療関連施設「シップ千里ビルディング」、医療関連施設「新潟リハビリテーション病院」、サービス付き高齢者向け住宅2物件となっている。地域別では、首都圏19物件と近畿圏8物件が大きなウエイトを占めている。

 同REITの運用方針について、ヘルスケアアセットマネジメントの木村秀則・財務管理部長は「対象エリアは底堅い高齢者施設需要が見込める3大都市圏と中核都市が中心。介護事業者(賃借人)の財務内容や施設の運営状況(入居率や人員体制など)が適切かどうかを確認した上で、物件を取得します。原則として、売買益を得るための保有物件の売却は行わず、あくまで長期的に安定した賃貸収益の確保を目指しています」と話す。

ヘルスケア&メディカル投資法人」を運用するヘルスケアアセットマネジメントの木村秀則・財務管理部長(写真:羽切 利夫)