*本連載の趣旨はこちら

三菱UFJ国際投信が運用する「グローバル・ヘルスケア&バイオ・ファンド(愛称:健次)」は、ヘルスケアファンドの先駆けとして2004年2月に設定された。実質的な運用は米国の運用会社ウエリントン・マネージメント・カンパニー・エルエルピーが行っている。

 2019年7月末日現在の基準価額(分配金再投資)は設定来3倍を超え、堅調な運用実績を示す(図1)。投資信託の評価機関モーニングスターによる顕彰で、2015年に国際株式型部門最優秀ファンド賞、2018年に国際株式型(グローバル・含む日本)部門優秀ファンド賞を受賞している。

図1●基準価額と純資産総額の推移
設定時1万円の基準価額(分配金再投資)は、2019年7月31日現在、3万円を超えている(グラフ:三菱UFJ国際投信の資料を基にBeyond Healthが作成)

 同ファンドの基本運用方針について、三菱UFJ国際投信外部委託運用部 シニア・ファンドマネジャーの小池麻理恵氏は「世界のヘルスケアビジネス全般の幅広いセクターを投資対象としてリスク分散を図り、個別企業の長期的な成長性を評価しながら銘柄選定している」と話す。

組入上位10カ国・地域
図2●投資地域はアメリカが全体の約7割を占める(表:三菱UFJ国際投信の資料を基にBeyond Healthが作成、2019年6月28日現在)

 ファンドの業種別の構成は設定以来大きくは変わっておらず、上位には医薬品、ヘルスケア機器・用品、バイオテクノロジー、ヘルスケア・プロバイダー/ヘルスケア・サービスなどが占める。国・地域別では米国が約70%を占め、日本の比率は約6%(図2)。

 「世界のヘルスケアの株式市場で米国は圧倒的なプレゼンスを持ち、米国企業の組み入れ比率は、設定以来7割程度で推移している。日本企業の組み入れが少ないわけでなく、ヘルスケアセクターにおける米国の存在感の大きさを示すポートフォリオになっている」(小池氏)。