遺伝子組換えやゲノム編集などバイオ技術の発展や、ロボティクス、AI(人工知能)、5Gといった先端テクノロジーの活用・応用などを背景として、ヘルスケアビジネスの成長期待が高まっている。世界的な高齢化の進行やQOL(Quality of Life=生活の質)への意識の高まりも追い風の1つだ。

しかし、新技術が実際のサービスとして提供されるためには、ビジネスとして成立することが条件となる。2030年に向けヘルスケアビジネスはどこに向かい、どんなプレーヤーの活躍が予想されるのか。日々、企業・業界動向をウオッチし、機関投資家に情報提供を行う証券界のトップアナリストたちに、ヘルスケアビジネスの未来予想図を語ってもらう。