美容医療やアンチエイジングなど、ヘルスケアと密接な関係にある化粧品会社。「メード・イン・ジャパン」人気に支えられて成長してきたが、コロナ禍による急転で、各社とも事業の見直しを迫られている。とはいえ、後ろ向きな話題ばかりでないのも、このセクターの特徴だ。機能性化粧品の伸長や中国市場の拡大などニューフロンティアが控える同セクターは、新たな成長ストーリーの入り口にいると見ることもできる。今化粧品で起きつつあるイノベーションについて、UBS証券の川本久恵株式調査部アナリストに話を聞いた。

川本久恵氏 UBS証券調査本部株式調査部アナリスト
米国シンシナチ大学経営学修士課程修了後、三菱UFJモルガン・スタンレー証券を経て、2018年より現職。化粧品・消費財業界を担当。2017年日経ヴェリタス人気アナリスト調査第2位(写真:川田 雅宏)

現状、国内の化粧品の市場規模やシェアはどうなっているのでしょうか?

 市場規模は出荷ベースで約1兆7000億円、このうち約9000億円がスキンケア商品で、洗顔料、化粧水、美容液、クリームなど基礎化粧品類がこれに当たります。企業別のシェアでは、資生堂と花王が各々25%程度を占め、これにコーセーやポーラ・オルビスホールディングスが続く形です。このセクターには、中小のメーカーが多いのも特徴です。

肌の健康や若さを維持するためのスキンケア商品は、化粧品の中でも最もヘルスケア的な要素が強い分野という印象です。この分野では、ポーラ・オルビスHDが開発した独自成分ニールワン(三フッ化イソプロピルオキソプロピルアミノカルボニルピロリジンカルボニルメチルプロピルアミノカルボニルベンゾイルアミノ酢酸Na)を配合した美容液「リンクルショット メディカルセラム」が2017年1月に発売されて大ヒットするなど、イノベーションが起きているようです。

 ポーラ・オルビスHDが15年をかけて開発したニールワンには、シワの原因となる好中球エラスターゼをブロックする機能があり、「リンクルショット メディカルセラム」は日本で初めてシワ改善効果のある医薬部外品として承認されました。私も製品発表会に行きましたが、研究員の方が実験的に顔の半分だけに使用されていて、左右の差がリアルだったのが強く記憶に残っています。

 同じ2017年には、資生堂が「エリクシール」シリーズで純粋レチノールを配合した「リンクルクリーム」を発売しました。グラム当たりの単価を「リンクルショット メディカルセラム」よりも抑え、ドラッグストアで販売される商品で、この純粋レチノールもシワを改善する効能で認可を受けています。両者を追う形で、コーセーも「ONE BY KOSE」でシワ改善有効成分リンクルナイアシン(ナイアシンアミド)を配合したクリームを出しています。

 それまで、「エイジングケア化粧品」という分野はありましたが、シワ改善に特化した市場はありませんでした。ポーラ・オルビスHDや資生堂が、新たなマーケットを切り開いた格好です。