新型コロナウイルスの感染拡大による先行き不透明感から、下落傾向を見せる株式市場。そんな中、“反発”と“じり安”が混じり合うセクターとして注目されているのが、創薬バイオベンチャーだ。アンジェス、タカラバイオ、ペプチドリーム、そーせい──。真逆の値動きが目立ち、値幅も大きい。いま創薬バイオベンチャー株に何が起きているのか。前回(連載第4回)に続き、いちよし経済研究所の山崎清一氏に聞いた(本文中データなどは4月7日現在)。

山崎清一氏 いちよし経済研究所 企業調査部第二企業調査室 首席研究員
安田生命(現明治安田生命)の投資部門で医薬品セクターを中心にアナリスト業務に携わった後、2000年にいちよし経済研究所に入所。以降、一貫してバイオベンチャーを専門に調査する証券アナリストとして活躍。バイオベンチャーをテーマとした講演やメディアへの出演、寄稿も多い。日経ヴェリタス「人気アナリスト調査」医薬品・ヘルスケア部門の常連(写真:川田 雅宏、以下同)

2019年後半以降、創薬バイオベンチャーのマーケットは“小休止”状態でした。しかし、コロナショック後は関連ニュースも増え、活性化しています。

 確かに、一部の銘柄は大きな値動きを繰り返しています。コロナショック以降はいわゆる“イメージ相場”となり、呼び水となったニュースがどれくらいの売り上げにつながるか、業績に寄与するかということはあまり考えず、思惑で売買されている印象です。

 一方で、技術力が高く、海外のビッグファーマとの提携も進んでいるような銘柄は、軒並み株価を下げています。こうした銘柄には機関投資家の資金が流入しており、コロナショックによる相場の急落でロスカットのルールが適用され、株が売られたためです。そもそも、創薬バイオベンチャーには、新型コロナウイルス関連の銘柄はあまり多くありません。

報道でよく目にするのはアンジェスですね。

 アンジェスは大阪大学と共同で、新型コロナウイルス向けのDNAワクチンの開発に取り組んでいます。動物への投与を行う試験を始めており、4月1日にこのワクチンの特許を出願したと発表しました。

 このワクチンを製造するのがタカラバイオです。タカラバイオは他に、今ではすっかり有名になったPCR検査の試薬も作っています。PCRとは「Polymerase Chain Reaction(ポリメラーゼ連鎖反応)」の略で、少量のDNAサンプルを特定の研究・検査に必要な量まで増幅させる技術のことを指します。この分野ではロシュが有名ですが、タカラバイオもこの試薬の製造・供給を行っており、アジア圏では高いシェアを持っています。

 創薬ベンチャーではありませんが、業績への影響が大きいと思われるのが、プレシジョン・システム・サイエンスです。遺伝子検査の際には、細胞を粉砕して調べたい遺伝子を取り出す必要があります。従来は手作業で行われており、大量の検査にはとても対応できませんでした。そこで、これを1台の機械で可能にしたのが同社のDNA自動抽出装置です。同社はこの分野で世界的に高いシェアを有し、2008年から2009年にかけ新型インフルエンザの感染拡大が懸念されたときも、“特需”で大きく業績を伸ばしました。

図1●主な創薬バイオベンチャーの株価の推移
2020年1月1日を100として指数化(グラフ:Beyond Healthが作成)