先進国の高齢化の進展などを背景として、新たな認知症治療薬開発への期待が高まっている。2021年6月、エーザイと米バイオジェンが共同で開発したアルツハイマー型認知症新薬「アデュヘルム」が米当局から承認され、市場で大きな話題になったのを覚えている人は多いだろう(関連記事:米FDAがアルツハイマー病治療薬を承認、迅速承認制度で)。とはいえ、認知症の新薬開発は簡単ではないとの見方も強い。認知症患者の拡大が予想される中、新薬開発は今どのような状態にあり、どのような方向に向かっているのか、医薬品セクターのアナリスト、SMBC日興証券の田中智大氏に聞いた。

田中智大氏 SMBC日興証券株式調査部アナリスト
田中智大氏 SMBC日興証券株式調査部アナリスト
大阪大学大学院薬学研究科修士課程修了。アナリストとしてのキャリアをSBI証券にてスタートし、2019年よりSMBC日興証券に転じ、引き続き医薬品分野を担当。医薬品・バイオの広範な見識を生かし、アナリストカバレッジの少ない企業まで幅広く、その技術の本質的な将来性を見極めることに注力する。2021年の日経ヴェリタス人気アナリストランキング医薬品部門では、前年の第18位から第6位に躍進した(写真:川田 雅宏、以下同)
[画像のクリックで別ページへ]

アルツハイマー型認知症は、記憶を司る海馬の周辺から萎縮が広がる病気で、萎縮が進行するにつれて認知機能が低下していきます。日本の認知症患者の中で最も多いのがこのアルツハイマー型で、約7割を占めると言われます。治療現場では現状、どんな薬が使われているのでしょうか?

 承認されているのはエーザイの「アリセプト(ドネベジル)」など4種類の薬です。アリセプトや武田薬品工業が国内販売権を持つ「レミニール(ガランタミン)」、小野薬品工業やノバルティスファーマによるリバスチグミンなどの貼付剤(ちょうふざい。皮膚に貼り付けて使用する薬剤)は、神経伝達物質アセチルコリンを増やすことで症状を和らげる効果はありますが、アルツハイマー型認知症の不可逆性を改善するものではありません。

アルツハイマー型認知症の患者数は全国で500万人近くに達し、高齢化により今後も増加が見込まれています。アルツハイマー型認知症薬の国内市場はどういう状況になっているのでしょうか?

 承認薬はいずれも特許切れでジェネリック医薬品が出ており、価格の低下が進んでいます。価格は年々徐々に引き下げられる傾向にありますので、市場全体が右肩下がりの状況になっています。

そんな中で2021年に注目されたのが、エーザイと米製薬大手バイオジェンが開発した「アデュヘルム(アデュカヌマブ)」です。6月に米食品医薬品局(FDA)の承認を受けた際には初の疾患修飾薬として期待を集め、当時、エーザイの株価は約8割上昇しました。アデュヘルムの、アリセプトなどとの違いを教えてください。

 アルツハイマー型認知症研究は道半ばで、未だ原因物質の特定には至っていません。近年の有望仮説が、長年に渡るアミロイドβ(脳内で生成されたタンパク質が分解されたもの)の蓄積が脳細胞を死滅させ、アルツハイマー型認知症を引き起こすというものです。アデュヘルムをはじめ、最近の有望な新薬候補は、このアミロイドβ仮説に基づいて開発されています。つまり、アミロイドβを脳から排除するような抗体をつくれれば、症状悪化の抑制につながるのではないか、という考え方です。