「腸内フローラ(細菌叢)」という言葉はよく耳にするが、最近、不妊治療の領域で注目されているのが、「子宮内フローラ」。子宮内にも細菌が存在し、その菌環境が不妊治療の成否を左右するというのだ。遺伝子検査スタートアップのVarinos(バリノス)は、世界に先駆けてこの子宮内フローラ検査のサービスを開始。産婦人科医師らとの共同研究にも積極的に取り組んでいる。

社内に掲示されていた看板(写真:稲垣 純也)

 子宮内には細菌が存在しない──。従来はそう考えられてきたが、2015年、米国ラトガース大学の研究で、子宮内にラクトバチルス菌が存在することがわかった。さらに、その翌年の2016年には米国スタンフォード大学の研究で、子宮内の菌環境が乱れていると体外受精の結果が悪くなるとの報告が。またスペインの不妊治療クリニックからも、子宮内の善玉菌(ラクトバチルス菌)が少ないグループでは体外受精による妊娠率が低く、流産率が高いと報告された。こうして子宮内の菌環境、すなわち「子宮内フローラ」に俄然、注目が集まるようになったわけだ。

スペインのIVI Valenciaクリニックで、体外受精を行っている不妊治療患者35人を対象に、子宮内フローラの状態と妊娠率などとの関係を比較した。ラクトバチルス菌が少ない子宮内フローラ異常群では、体外受精による妊娠率が33.3%、妊娠継続率が13.3%、生児獲得率が6.7%と、子宮内フローラ正常群に比べ、治療成績が明らかに低下していた(図:Moreno et al, AJOG, 2016を基にバリノスがまとめたものをBeyond Healthが作成)

 子宮内フローラの存在を明らかにした立役者は、なんといっても次世代シーケンサーだ。「培地で細菌を培養する従来の方法では、子宮内に細菌がいることを確かめられなかったが、次世代シーケンサーの登場で細菌のDNA配列を一度に解読できるようになり、子宮内フローラの発見に至った」とバリノス代表取締役の桜庭喜行氏は話す。