「女性の生き生きをサポートするテクノロジー」。こう題したパネルディスカッションが、「HIMSS & Health 2.0 Japan 2019」(2019年12月9~10日に東京都内で開催)で実施された。生理管理アプリを開発する独Clueが提唱した「フェムテック」(femaleとtechnologyを組み合わせた造語)をキーワードに、議論が繰り広げられた。

共通の課題は「きちんと知られていないこと」

 モデレーターは、ランドリーボックス 代表取締役の西本美沙氏が務めた。パネリストとして登壇したのは、HERBIO 共同設立者兼CROの丸井朱里氏、エムティーアイ 執行役員 ヘルスケア事業部 ルナルナ事業部長の日根麻綾氏、リクルートライフスタイル 事業開発ユニットプロデューサーの入澤諒氏、Lily MedTech 代表取締役の東志保氏である。

 なぜこの領域で製品開発をしたのか、今持っている課題は何か、今後どんな分野と提携できたら有効と考えているか――。西本氏がこうしたテーマを提示、それにパネリストが答えていく形で進行した。

モデレーターを務めたランドリーボックス 代表取締役の西本美沙氏(写真:宮川 泰明、以下同)

 パネリストが活躍する領域はそれぞれ異なるものの、共通して訴えていたのは「きちんと知られていないこと」の悩みだ。例えば、基礎体温は女性がいわゆる「妊活」をする際に測るよう医療機関から求められることが多いが、本来は男女問わず体調管理に利用できるデータだという。

 しかし、その有効性が一般には知られていない。そのため、「基礎体温は女性が測るものという認識の人が多い」と丸井氏は語る。

 日根氏は、「生理はタブー視される傾向がある」と指摘する。「女性の芸能人などが『生理』というワードを表に出しただけで炎上してしまうこともある。こういう世間の感覚は変えて行きたい」(同氏)とする。