シーケンサーの進化により短時間かつ安価に得られるようになったヒトゲノムデータを、ヘルスケア現場に活用する動きが強まっている。一方、ゲノムに関する情報は個人情報あるいは要配慮個人情報になり得るため、慎重な取り扱いが求められる。データ収集で世界に遅れを取る日本がどこまで巻き返せるか。日本版ゲノム活用戦略の可能性と課題を活用シーン別に探る。