本特集でこれまで見てきたように、海外では50万人規模の集団を追跡調査して、病気とゲノムの関係を解き明かす研究が行われている。ゲノムにはいまだに見えていない謎が膨大に眠る。ゲノムデータから得られる発見が増えるたびに、医学の常識がアップデートされていく。ゲノム解析で得られた知見によって日本のヘルスケアシステムはどう進化していくのか。国の「臨床ゲノム情報統合データベース整備事業」などでゲノム統合データベースやゲノム医療実施体制の構築・整備に取り組んでいる、国立国際医療研究センター・メディカルゲノムセンター長・遺伝子診断治療開発研究部長の加藤規弘氏に話を聞いた。

いまだに謎が多いゲノムデータ

 ゲノムには、まだまだ数多くの謎が眠っている。例えば、「バリアント・オブ・アンサートン・シグニフィカンス(variant of uncertain significance:VUS)」と呼ばれる一群の遺伝子変異が知られる。これらはDNAの中に見つかる遺伝子変異のうち、病的な意味合いがよく分かっていないものだ。加藤氏は、「その結果は、白かもしれないし、黒かもしれない。こうした意味合いのよく分からない遺伝子変異を見つけたときに、患者に情報を返さなくてもいいかといえば、そうではない。明日には病気と関係すると判明するかもしれないからだ」と説明する。

 ゲノムデータがいまだに謎を秘めている背景には、遺伝子変異と病気が必ずしも一対一で対応していないことがある。加藤氏は、「遺伝子変異が、ある病気の原因になっているかがなかなか決められない。従来は、ある遺伝子が単独で関係している遺伝病と、多くの遺伝子が関係している生活習慣病というように2通りに分けて考えられていた。ところが最近では考え方が変わっており、2分割されるイメージではなく、連続的なものだと分かってきた」と話す。ある病気に対して、原因遺伝子が1つだけのものもあれば、数十から数百あるいはそれ以上関係するものもあるなど、関わる遺伝子の数は病気によって様々である実態が明らかになってきたのである。

 さらに、加藤氏は、「原因遺伝子」と「修飾遺伝子」が関係するのも謎を深くしていると解説する。例えば、米国の女優アンジェリーナ・ジョリーが乳房切除をしたことで注目された遺伝性乳がん。一般的には「BRCA1/2」という遺伝子の変異があると乳がんのリスクが上がるとされる。ところが、変異があっても誰しも乳がんになるとは限らない。その理由は、この原因遺伝子に影響を及ぼしている複数の修飾遺伝子の存在にある。修飾遺伝子は、直接病気に関係するわけではないが、BRCA1/2遺伝子変異の効果を高めたり、弱めたりする可能性がある。そうした間接的な影響を及ぼすところから、正体の特定が困難になる。「修飾遺伝子も含めて考えると、5~10年後に、原因遺伝子の変異があったからといっても、乳房の予防切除を受けた人が、その後に『実はしなくてよかった』と判明することもあり得る」と言う。

国立国際医療研究センター・メディカルゲノムセンター長の加藤氏(写真:秋元 忍、以下同)