難治性疾患克服研究事業や特定疾患治療研究事業などで行われてきた「難病」の解明・治療法開発が、ゲノムデータの活用で一気に加速しそうだ。厚生労働省は2019年10月に「難病ゲノム医療の推進検討会」を立ち上げ、12月にはがんと難病の患者10万人超を対象とする全ゲノム解析の実行計画を公表した。ゲノムデータの解析は、いまだ原因が分からず治療法がほとんどない様々な難病をどこまで解決に導くのか。希少遺伝性疾患の原因解明で世界をリードしてきた、横浜市立大学大学院医学研究科遺伝学教授の松本直通氏に話を聞いた。

謎の症状に苦しむ少女を救う

 「重要なのは、遺伝子の関与が明らかになると、治療手段が判明する可能性があること」と松本氏は説明する。

 2018年12月、原因不明の難病で寝たきりだった10代のロシア人女性が、横浜市立大学で遺伝子解析を受けたところ、葉酸の代謝に関わる受容体が欠乏するまれな遺伝性疾患であることが判明。葉酸誘導体の服用をしてもらう治療につながった。症状は劇的に改善した。

 米国では、希少難病の遺伝子異常を明らかにすることで、この異常に対応できる医薬品の開発につながる事例も。このほかATRXという遺伝子の変異によって知的障害が出てくる疾患が、市販されているサプリメントの投与で改善できる可能性が判明する事例もある。

 松本氏は、「原因を知ることが大切であり、難病研究の一丁目一番地と考えている。自分たちの専門性を最大限に活かして、他の研究者が見つけることが困難なものも見つける。そういう使命感に燃えている」と話す。

 こうした難病の原因を見つけるために欠かせないのが次世代シーケンサー(NGS)。松本氏は、「大きな転機となったのは、2009年~10年の時期。NGSを使えるようになってから」と話す。NGSの普及により、全遺伝子を含めたゲノム解析が2000年代後半から一挙に高速化した。「圧倒的に高出力となり、『全部シークエンスしよう』というような考え方になった。希少疾患研究の世界ではパラダイムシフトが起きた」

 遺伝性疾患の中には、遺伝子一つに変異があるだけで発症して、メンデルの法則に従って遺伝する「メンデル遺伝病」が知られている。さらに、複数の遺伝子が関与する遺伝性疾患もある。「Online Mendelian Inheritance in Man(OMIM)」というデータベースの中で、およそ9000種類のメンデル病が登録されているが、3300ほどの疾患の原因遺伝子は分かっていない。松本氏は、「体内には2万2000種類ほどのタンパク質をコードする遺伝子が存在するとされており、それぞれに対応するといって過言ではないほどの遺伝性疾患が存在していると考えられる」と話す。まだ数多くの疾患は特定されていない。

 例えば、脳の機能に異常を引き起こす「てんかん」は遺伝子が関与する難病の一つ。重篤なてんかんが存在しており、治療も困難で、原因が見つからないものも多い。こうした病気と遺伝子との関与がゲノムデータの解析から見えてきている。

横浜市立大学大学院医学研究科遺伝学教授の松本氏(写真:寺田 拓真、以下同)