厚生労働省で医療・介護分野などの政策企画立案を22年担当してきた武内和久氏。その後、コンサルティング会社勤務などを経て政治の世界に挑むも辛酸をなめた。今は福岡の地で企業経営者を務める傍ら、ヘルスケアに関する革新的な提言を続けている。元官僚として、国が旗を振り過ぎる弊害も見て取ったという同氏が考える2020年代の「ヘルスケアイシュー」とは——。

(聞き手は庄子 育子=Beyond Health)

ONE・福岡の武内氏(写真:荒川 修造)

 私は2020年代のヘルスケア分野のイシューは、「エンパワーをどれだけ進められるか」だと思っています。エンパワーは、力を与える、とか力付けるという意味。日本は公的医療保険や介護保険の制度がしっかりして、守られていることもあり、その分、各プレーヤーが本来持っている力を引き出す要素が非常に弱いのではないか、と感じています。

 例えば、日本人は医療にかかったら、医師の言うことを聞いていればいい、普段の健康も日本食は健康にいいからそれを食べていればいいといった感じじゃないですか。自分で意識してヘルスケアを最適に維持するといった発想がまだまだ弱い。皆がそんなお任せや受け身の姿勢のままでは、これからの時代を乗りきるのは難しいでしょう。私は、全ての人が自分で力を持って物事を動かしていく方向に進んでいかなければならないと思っています。

 人はどうすれば「やる気」がみなぎるのか。米国の作家、ダニエル・ピンク氏は人を動かす動機づけ(モチベーション)には3つのレベルがあるとしています。「モチベーション 1.0」は生存本能に基づく動機づけ、「モチベーション 2.0」はアメとムチで駆り立てられる動機づけ、そして「モチベーション3.0」はワクワクする自発的な動機づけです。社会システムの多くは、「アメとムチ」の原理を前提としていますが、これからの時代はモチベーション3.0が重要です。健康づくりも、誰かに言われて、ではなく、楽しみながら行う。いわば「FUN HEALTH」ともいうべき考え方です。

 個々人が、それが面白いから、それが重要だから、それが世界に貢献するからといった理由で自ら取り組むようになれば、活気ある社会へとつながっていくはずです。たとえ今はどんな状況でも、全員に力がある。そのためにはエンパワーが欠かせません。

 では具体的にどんな風にエンパワーを進めていくべきなのか。私は、(1)市民や患者、(2)ヘルスケアサービスの従事者・プロバイダー、(3) 街・コミュニティー――へのエンパワーが必要だと感じています。