5G(第5世代移動通信システム)が広がる2020年代、社会を構成する様々な要素がヘルスケアの中心地となる「ソーシャルホスピタル」が、より現実的なものになる。身近に設置された各種センサーを通じて人の行動や人体の状態は可視化され、それに基づいた栄養素や運動が提案されるようになるからだ。行動や状態を測定するために重要な役割を担うのは映像データである。撮像素子(カメラ)は、スマートフォンに搭載されることで高性能化と低廉化が一段と進んでいる。その映像データを5G経由で瞬時にクラウドに送信することで、分析結果がすぐに分かる時代に我々は足を踏み入れている。

5G時代には、映像から多くのことが読み取ることができるようになる(出所:Binah.ai)

 多くの産業において5GをはじめとするIT(情報通信技術)を活用した変革、いわゆるデジタル・トランスフォーメーション(DX)が期待されている。医療・ヘルスケア領域においても同様だ。期待される変革の1つが「環境そのものがヘルスケアになる」世界の到来である。例えば、普通に生活しているだけで日常の行動内容あるいは心身に関する情報が収集され、取り入れるべき栄養や運動など、健康に向けた各種の提案が届けられる世界だ。

 通信・放送分野を中心にコンサルティングを手掛ける企(くわだて)代表取締役のクロサカタツヤ氏は、こうした世界を「予測前提社会」と表現する。同氏の著書『5Gでビジネスはどう変わるのか』(日経BP)において、自らのバイタルデータを取得するなどすることにより、講演時における体調の異常を検知し、適切な対応をとることで病気の発症を未然に防ぐというフィクションを描いている。これこそが、5Gによって生まれる社会像の1つになる。

社会を構成する様々な要素がヘルスケアの中心地となる「ソーシャルホスピタル」(イラスト:楠本 礼子)

 普通に生活している間に個人の活動やバイタルデータが収集されることについては、装着型の小型コンピュータ「ウエアラブルデバイス」によって既に実現されている。ウエアラブルデバイスは年を追うごとに小型化が進み、装着しやすくなった。単に歩数といった活動量だけでなく、測定できるバイタルデータも増え続けており、分析できることも増えている。

 米Appleの腕時計型コンピュータ「Apple Watch」のSeries 4以降には、ECG(心電図)機能が搭載されており、米国など多くの国で利用可能になっている。Apple WatchのECG機能により、装着者が「心筋梗塞を起こしているかどうかを医師が判定できる可能性がある」ことを示したとするスペインの病院からの報告がある(関連記事:心筋梗塞かどうかがApple Watchで分かる?)。

 ヘルスケア領域に注目するIT企業はAppleだけではない。米Googleの親会社である米Alphabetは2019年、ウエアラブルデバイス開発の先駆けである米Fitbitを買収した(関連記事:GoogleがFitbit買収を発表、その狙いを考えてみた)。Fitbitに加えてAlphabetは、ライフサイエンス領域に取り組む傘下企業Verilyにおいて「Study Watch」と呼ばれるスマートウォッチを自社開発し、臨床試験などに使用している。

 Verilyは、武田薬品工業との間で、パーキンソン病患者の運動症状の解析について共同研究していることでも知られる。これらのデバイスを通じて、ウエアラブルデバイスを通じた個人のヘルスケアに関する情報を取得できる環境を着々と整えているというわけだ。