新型コロナウイルス感染拡大により、利用が広がったオンライン診療。その有用性をあらためて認識した医療従事者、患者は少なくない。一方で、「画面越しの視診では顔色や表情を読み取りにくい」「情報量が限定される」などといった不満を持った医師もいる。5G(第5世代移動通信システム)は、こうした課題の解決に向けた切り札となるのか――。

 外来診療での新型コロナ感染リスクを避けたいなどの理由で、オンライン診療の実施件数は直近2カ月程で急速に増えている。例えば、従来からオンライン診療を推進してきた外房こどもクリニック(千葉県いすみ市)では、通常1カ月に20件程度だったが、3月は30件、4月は49件へと、2.5倍に増加した。

外房こどもクリニック 院長の黒木氏(写真:オンライン取材のキャプチャー)

 「普段通院している病院での感染を避けたいと、オンライン診療を実施する当院で受診したという患者も多かった」。同クリニック院長で日本遠隔医療学会 オンライン診療分科会長も務める黒木春郎氏はこう話す。

 現状のオンライン診療は、患者側の受診環境や通信環境による課題がある。患者はスマートフォンを用いる場合がほとんどだが、周囲の明るさの影響を受けて顔色や表情が読み取りにくいケースもある。映像の乱れ、音声の途切れも生じる。

 眼科診療などでは、眼の充血など対面だと離れても分かる症状が、オンライン診療だと照明を使用してもらっても画面上では分かりにくいという。高血圧手帳など紙に書かれた記録をカメラ越しに閲覧しても、細かなところまで読み取ることは難しい。

黒木氏のオンライン診療の様子(出所:外房こどもクリニック)

 こうした課題の解決に、5Gの超高速大容量、超低遅延という特徴が生かされる可能性がある。スマートフォンのカメラも4K対応が当たり前になり高精細な高画角な映像のやり取りが可能になれば、顔色や表情は鮮明に再生され、映像や音声の途切れなどの課題も解消されるだろう。黒木氏は、「咽頭やじんましんの症状などもリアルタイムで観察できるようになり、視診の質が高まると期待している」と語る。