4Kや8Kといった超高精細の映像が遅延なく伝送できるようになる5G(第5世代移動通信システム)は、遠隔手術にも大きな可能性をもたらす。米国製の手術支援ロボット「ダヴィンチ」は全国の大規模病院に導入され、国産の手術支援ロボットの開発も進んでいる。一方で、こうした装置の導入は都市部の病院に集中しており、専門医の不足や地域的な偏在も顕在化している。5Gによる遠隔手術の進展は、そうした課題解決の一助になるとの期待も大きい。

 5Gを活用した遠隔手術支援の実用化に向け、いち早く取り組みだした1社がNTTドコモだ。遠隔スマート治療支援システム「モバイルSCOT(Smart Cyber Operating Theater)」がそれだ(関連記事:これが「モバイルSCOT」の実車、5Gで遠隔手術支援)。

東京女子医科大学とNTTドコモが実用化を目指す「モバイルSCOT」(写真:Beyond Healthが撮影)

 その原型であるSCOTは、東京女子医科大学と複数の国内企業が参画し、開発が進められてきたもの(関連記事:スマート治療室「SCOT」、その完成形が動きだす)。手術中に利用する画像診断機器や生体情報モニタリング装置などさまざまな機器をパッケージ化し、データを統合的に表示する「戦略デスク」を備える。これにより、手術の進行状態を俯瞰的に把握しながら治療を行える。

 この戦略デスクをモバイル化しようというのが、モバイルSCOTの大きな狙いだ。通常は医局などに設置される戦略デスクを、5Gを活用して遠隔地のどこからでも参照できるようにする。手術などに熟練した専門医がどこにいても、手術支援を行えるようになるというわけだ。大型トラックに搭載してモバイル化することで、有事の際に病院搬送が困難な場所でも高度な診断・治療を実施可能にしたり、過疎地域などで高水準の治療を提供したりすることも狙う。

広島大学とNTTドコモが実施したSCOTの5G接続実験(出所:NTTドコモのニュースリリース)

 2019年11月には、広島大学とNTTドコモが実証実験を実施した。このときは5G回線がプレサービス段階だったため、5Gの高速大容量・低遅延という特徴を生かし切れなかったという。ただし、将来的には十分実用化が可能としている。